●介護と介護予防の必要性について

●介護と介護予防の必要性について

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

●介護と介護予防の必要性について

 

 

  • ・昨今、少子高齢化が叫ばれています。戦後の社会構造の変化により、人口構造が変化しました。そして、従来の慣習も大幅に「変化」を余儀なくされています。

 

 

 

 

 

  • ・戦前では、介護なども家族が担っていました。しかし、戦後、核家族化などにより、従来の方法では、両親の介護を行うことが「非常に困難」な状況になっています。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・そして、平均寿命も大幅に伸びています。その結果、自身の終末期についても考えることが必要になりました。以前では、自宅で亡くなる人が大半でした。しかし、現代では、大半の人が「病院」「施設」で最期を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・そのような状況では、介護者、医療者に対して、自分の「終末期」「延命処置」などについて事前に知ってもらうことが重要になってきています。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

  • ・しかし、現実を俯瞰すると「多くの人」が自分の終末期について意思表示を行っていません。そのために、自分が「望んでいない」最期を迎える可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・例えば、自分が「認知症」「寝たきり」状態になったときに、「胃ろう」などの処置を行うことについても、把握することが不可能になる場合があります。そのような状況に陥った場合、結局は、「家族」「介護者」「医療者」などが本人の意思を推測して「終末期の支援」を行うことになります。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・そのために、結局、「本人不在」の状態で、大切な終末期の支援が進行していきます。家族の中には「本当にこれでよかったのか?」と後悔と不安を抱える人もいます。そして、そのような状況が「介護者」「医療者」との確執を発生させることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・そのような状況は誰にとってもメリットはありません。結局は、原因として終末期に対する「本人の意志が不明である」ということに端を発しています。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・そのような不幸な状況を回避するためにも、「終活」つまり、終末期の意思表示を行うことにより、「自分」「家族」「支援者」が「後悔」「葛藤」を生じさせないためにも、必要です。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・そのためには、「介護」と「終活」に対する知識が不可欠です。昨今では、災害も頻発しているために、「防災」に関する知識も重要になってくるでしょう。是非とも当サイトで、「介護」と「介護予防」に関する知識を習得してください。それが、将来の「不安」と「恐怖」と「後悔」を軽減させることにもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

  • ・このように、介護予防とは終末期についての「自分の意志」を明確にすることです。「自分の意志」を明確にすることで、現在の人生の「道標」となり「基準」ともなります。それでは、当サイトから「介護」と「介護予防」についての知識を習得してください。

 

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ