●血液循環とは?

●血液循環とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、神経のメカニズムについて解説をしました。今回は、●血液循環とは?について解説をしていきます。血液循環には「肺循環」と「体循環」があります。まずは、…

 

 

「肺循環」

 

 

があります。肺循環は「呼吸」から始まります。呼吸をすると、酸素を肺に「取り込み」ます。そして、酸素は、体内に取り込まれます。まずは、「肺循環」をへてから…

 

 

「全身」

 

 

に酸素が送られます。酸素は「大動脈」をとおり、全身を循環します。これを「体循環」と言います。酸素は大動脈をとおり、全身を循環した後は…

 

 

「大静脈」

 

 

をとおります。そして、大静脈から「右心房」に戻ります。そして、三尖弁を通じて、「右心室」に血液が送り込まれます。そして、二酸化炭素を多く含んだ血液は…

 

 

「肺動脈」

 

 

を通ります。そして、肺へ向かいます。そして、肺で二酸化炭素と酸素を交換します。そして、肺循環を再び行います。このように、血液循環は…

 

 

「呼吸」

 

 

を基準として考えることができます。つまり、呼吸を行なうことにより、肺に酸素を取り込みます。そして、肺循環を行います。その後、取り込んだ酸素を…

 

 

「全身」

 

 

に送り出します。この時に「体循環」が行われます。体循環のときに、酸素と二酸化炭素が交換されます。そして、再び、血液は肺循環を行います。そして、二酸化炭素と…

 

 



 

 

 

 

「酸素」

 

 

を交換します。このように、血液循環は「酸素」と「二酸化炭素」を交換しています。そして、全身に血液を送るために、「肺循環」と…

 

 

「体循環」

 

 

を行っています。介護福祉士試験でも、血液循環について出題される場合があります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

 

●血液循環のまとめ

 

 

  • 「血液循環には肺循環と体循環がある」

 

 

  • 「酸素と二酸化炭素の交換を行なう」

 

 

 

●肺循環

 

  • @呼吸をおこなう→酸素をとりこむ
  • A酸素→肺静脈→心臓にいく(左心房)→左心室→体循環へ

 

 

○体循環

 

  • B左心室(僧帽弁)→大動脈→全身を循環(酸素が多い血液)
  • C右心房→(三尖弁)→右心室→肺循環へ

 

 

●肺循環

 

  • D右心室→肺動脈(二酸化炭素が多い)→肺で二酸化炭素を交換
  • ※@にもどる(酸素を全身に巡らせる)

 

 

血液循環は、このように、全身に「酸素」を運搬しています。そして、「二酸化炭素」を回収しています。そのことについて理解をしておきましょう。それでは、次回は、…

 

 

「血圧のしくみとは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ