●適応機制とは、どのような概念か?

●適応機制とは、どのような概念か?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、適応機制について解説をしました。今回も、引き続き、適応機制について解説をしていきます。適応機制とは、不安や緊張感、などから…

 

 
「自分を守る」

 

 

ための方法です。そのための心理的な反応を適応機制と言います。前回では、以下の適応機制について解説をしています。

 

 

  • 逃避
  • 退行
  • 抑圧
  • 代償
  • 補償

 

 

このような作用について解説をしています。その他にも、以下の種類があります。

 

 

 

  • 合理化
  • 昇華
  • 同一化
  • 投影、投射
  • 置き換え
  • 反動形成

 

 

 

 

今回は、残りの適応機制について解説をしていきます。まずは、「合理化」について解説をしていきます。

 

 

合理化とは、失敗の原因を「正当化」する場合などが該当します。例えば、欲しいものを入手することができなかった場合、「本当は、ほしくなかった」というような状態を言います。

 

 

 


 

 

 

 

 

昇華とは、実現できない行為を「価値ある行為」に置き換える、心理状態を言います。例えば、不良少年がボクシングの選手を目指す。などの心理状態が該当します。

 

 

同一化とは、憧れの人物と自分を同一視する、心理状態を言います。例えば、憧れの歌手と同じ服装をする。などが該当します。

 

 

投影、投射とは、自分の中の「認めたくない感情」を他人に原因がある。とみなす心理状態を言います。例えば、自分が嫌いな人について「あの人が自分を嫌っている」と思いこむ。

 

 

置き換えとは、「愛情」などの欲求を、他の対象に向けて、表現することを意味します。例えば、子供に拒否されている親がペットに愛情を注ぐ、などの行為が該当します。

 

 

 

反動形成とは、自分の認めたくない感情と正反対の行動を行います。例えば、自分が劣っている。ということを自覚したくないために、他人からの援助を拒否する。

 

 

 

適応機制は、このような種類があります。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

  • ●適応機制
  • 「不安や欲求不満などから、自分を守る心理状態」

 

 

  • 合理化→自分の失敗を正当化する
  • 昇華→自分の行為を価値ある行為に置き換える
  • 同一化→憧れの人物と自分を同一の存在としてみなす
  • 投影→自分の認めたくない感情を他人のせいにする
  • 置き換え→自分の欲求を他の対象にむける
  • 反動形成→自分の知られたくない感情と反対の行動をとる

 

 

 

適応機制には、このような心理状態があります。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

「心の治療的ケアとは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ