●適応機制とは?

●適応機制とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、障害の受容について解説をしました。今回は、●適応機制とは?について解説をしていきます。適応機制とは防衛機制とも言われています。防衛機制とは…

 

 

「不安」

 

 

などの感情から、自分を守るための方法です。不安以外にも「欲求不満」「怒り」などの感情もあります。つまり、防衛機制、適応機制とは…

 

 

「不愉快な感情」

 

 

から自分を適応させるための防衛反応です。まずは、適応機制の代表的な例を取り上げます。

 

 

●適応機制

 

  • 逃避
  • 退行
  • 抑圧
  • 代償
  • 補償

 

 

適応機制は、その他にもあります。今回は、上記の適応機制について解説をしていきます。

 

 


 

 

 

 

「逃避」とは、自分が好ましくない場所から、(逃げる」行為が該当します。例えば、会社に行きたくない。学校に行きたくない。などの例があります。

 

 

「退行」とは、自分の幼児期に戻る。などの現象を意味します。例えば、他者に甘える。などの行為があります。

 

「抑圧」とは、自分の思い出したくない感情を「意識の底」に閉じ込める心理状態が該当します。例えば、虐待された経験などを思い出さないようにする。などの状態を意味します。

 

 

「代償」とは、自分が手に入れたい、ものを入手できない場合、代用品で我慢をする行為を示します。例えば、高級車が欲しい。しかし購入できないために、中古車で我慢をする。などの行為があります。

 

 

「補償」とは、ある分野で劣っている場合、「別の分野」で優位に立とうとする心理状態を言います。例えば、勉強ができない人が「スポーツ)で頑張る。などの例があります。

 

 

 

介護福祉士試験でも、適応機制に関連する分野が出題される場合があります。内容を整理しておきましょう。それでは、今回の内容についてまとめます。

 

 

 

  • ●適応機制とは?
  • 「不安な感情などから、自分を守るための方法である」

 

 

 

●適応機制の例

 

 

  • 逃避→不快な場所から逃げる
  • 退行→過去の段階に逆戻りする
  • 抑圧→不快な感情を閉じ込める
  • 代償→代用品で我慢をする
  • 補償→得意な分野で優位に立つ

 

 

このような内容が適応機制の一例です。次回も引き続き、…

 

 

「適応機制とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 


 

 


HOME プロフィール お問い合わせ