●記憶の分類とは?

●記憶の分類とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、記憶のプロセスについて解説をしました。今回は、●記憶の分類とは?について解説をしていきます。記憶は様々な種類に分類できます。代表的な記憶の分類としては、以下の分類があります。

 

 

●記憶の分類

 

  • 感覚記憶
  • 短期記憶
  • 長期記憶

 

 

このように、分類をすることができます。それでは、感覚記憶から解説をしていきます。感覚記憶とは、「膨大な量の情報」を蓄えることができます。そして、自分で…

 

 

「注意」

 

 

を向けることができないと、感覚記憶として認識することができません。そして、感覚記憶は「一瞬」で消える。という性質があります。記憶できる項目は…

 

 

「2から4種類」

 

 

しかありません。そして、感覚記憶から「短期記憶」に移行していきます。短期記憶は短時間、記憶することができます。したがって…

 

 

「長期記憶」

 

 

に移行することができないと、数秒で消えていきます。そして、「7項目前後」しか記憶することができません。長期間、記憶するためには、…

 

 


 

 

 

 

 

「反復」

 

 

して記憶することにより、長期記憶に移行することができます。長期記憶に移行することができると、「数十年」という長期間、記憶を保持することができます。そして、…

 

 

「無限の貯蔵」

 

 

が可能となります。長期記憶に移行するためのポイントとしては「丸暗記をしない」ということです。記憶をする場合、必ず、物事の因果関係を理解して…

 

 

「体系化」

 

 

することで、長期記憶に移行しやすくなります。記憶のメカニズムは、介護福祉士試験においても出題されます。そして、生活や仕事でも記憶のメカニズムを知ることで…

 

 

「効率化」

 

 

することができます。記憶の分類についてしっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

●記憶の分類

 

 

  • @感覚記憶→膨大な情報量を有する
  •  
  • A短期記憶→長期記憶に移行しないと、数秒で消える
  •  
  • B長期記憶→何十年という長期保存が可能である

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回も…

 

 

「記憶の種類とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ