●ピアジェの発達段階説とは?

●ピアジェの発達段階説とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、ハヴィガーストの発達課題について解説をしました。今回は、「ピアジェの発達段階説とは?」について解説をしていきます。ピアジェの発達段階説とは、主に…

 

 

「子供の発達運動」

 

 

を重視しています。そして、感覚運動、思考、認知の発達を重要視しています。つまり、ピアジェは、子供が「どのように発達をしていくのか?」という事項について…

 

 

「注目をした」

 

 

ということが言えます。それでは、ピアジェはどのように、子供の発達段階説についてまとめたのでしょうか。以下にまとめてみます。

 

 


 

 

 

 

●ピアジェの発達段階説
 
 
@感覚運動期 → 刺激と感覚器官を関連付ける → 現実を理解する
 
 
A前操作期 → 自己中心的な思考を行なう → ごっこ遊びを行なう
 
 
B具体的操作期 → 自己中心性を脱却する → 思考が体系化される
 
 
C形式的操作期 → 愛や自由などの概念を理解できる → 論理的思考を行なうことができる

 

 

 

このような、過程を経て、子供は成長をしていきます。そして、最終的には「論理的思考力」など高度な思考方法を獲得していくのです。

 

 

つまり、ピアジェは、子供の発達過程を分析することにより、人間は、どのように「成長していくのか?」ということを明確にしました。介護福祉士試験でもピアジェの発達段階説は…

 

 

「出題」

 

 

されています。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

 

●ピアジェの発達段階説
 
 
「子供の発達過程を重視する」
 
「子供の感覚運動、思考、認知の発達などを4つの段階にまとめた」
 

 

  • @感覚運動期
  • A前操作期
  • B具体的操作期
  • C形式的操作期

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは次回は…

 

 

「ライチャードの人格の分類とは?」

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ