●ハヴィガーストの発達課題とは?

●ハヴィガーストの発達課題とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、フロイトの発達段階説について解説をしました。今回は、ハヴィガーストの発達課題とは?について解説をしていきます。ハヴィガーストも発達段階説について唱えています。ハヴィガーストの説の特徴としては…

 

 

「発達課題」

 

 

を設定した。ということにあります。つまり、ハヴィガーストは、成長するにつれて「達成すべき」課題を設定しました。そして、各課題を達成することにより、…

 

 

「次のステージ」

 

 

に移行することができる、という理論を提唱しました。逆に言えば、発達課題を達成することができないと、その後の発達状況に…

 

 

「影響を与える」

 

 

ということでもあります。それでは、ハヴィガーストの発達課題についてまとめます。

 

 


 

 

 

 

●ハヴィガーストの発達課題

 

 

@乳幼児期→排泄の学習など、生理的な行動を憶える。善悪の区別の習得など
 
A児童期→コミュニケーションの習得。読み、書き、ソロバンなどの基礎学習の習得
 
B成年期→職業選択の準備等を行なう。両親からの情緒的自立を図る
 
C壮年期→配偶者の選択。家庭を築いていく。市民としての役割が大きくなる
 
D中年期→一定の経済力を確保する。中年の生理的変化を受け入れる
 
E老年期→肉体的変化を受け入れる。社会的地位の変化に適応する。配偶者の死に適応する

 

 

ハヴィガーストはこのように、発達課題を提唱しました。つまり、ハヴィガーストは、人間は成長するにつれて「発達課題」を達成することにより…

 

 

「成長する」

 

 

というように、結論づけました。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

●ハヴィガーストの発達課題説とは?

 

 

  • 「人間は成長段階において課題を達成することにより成長する」
  • 「課題を達成することができないと、その後の発達段階に影響を及ぼす」
  • 「次の発達段階にスムーズに移行するためには、課題を達成することが必要である」

 

 

 

ハヴィガーストはこのように発達課題について提唱しました。それでは、次回は…

 

 

「ピアジェの発達段階説とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ