●障害者に関する雇用の法律とは?

●障害者に関する雇用の法律とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、障害者の移動に関する支援について解説をしました。今回は、「障害者の雇用に関する法律とは?」について解説をしていきます。障害者の雇用の促進に関する政策には…

 

 

「障害者雇用促進法」

 

 

が存在します。近年、障害者に対する「雇用の促進」が重要視されています。したがって、介護福祉士試験でも「障害者雇用促進法」などの…

 

 

「雇用に関する出題」

 

 

がなされる場合があります。しっかりと理解をしておきましょう。尚、障害者雇用促進法により、事業主に対して、雇用する労働者に対する「一定数」の障害者を雇用しなければなりません。以下に内容をまとめます。

 

 

●法定雇用率
 
 
「一般の民間企業(従業員50人以上)は2。0%」
 
「国、地方公共団体、特殊法人等は2,3%」
 
「都道府県の教育委員会は2,2%」

 

 

 

このような法定雇用比率が定められています。つまり、ある一定規模以上の「組織」であれば、障害者を「雇用」しなければなりません。そのようなことを理解しておきましょう。そして、…

 

 


 

 

 

 

 

「障害者差別解消法」

 

 

も平成25年に制定されています。そして、「行政機関」「事業者」は傷害を理由として、不当な差別を行ってはならない。と明文化されています。その他には、行政機関等は…

 

 

「社会的障壁の除去」
 
「必要かつ合理的な配慮」

 

 

を行なうことが必要である。と明文化されています。このような、障害者に関する差別が法的に禁止されていることを認識しておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

●障害者雇用促進法

 

「事業主に対して法定雇用率以上の障害者を雇用するように義務付けている」

 

 

  • 一般の民間企業 2.0%
  • 国、地方公共団体、特殊法人等 2、3%
  • 都道府県の教育委員会 2、2%

 

 

 

●障害者差別解消法
 
・以下の機関に障害者に関する差別を禁止している

  • 行政機関
  • 事業者

 

 

●行政機関等は障害者の意志の表明があれば、以下の配慮をする必要がある

 

 

  • 社会的障壁の除去
  • 必要かつ合理的な配慮

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは次回は…

 

 

「障害者総合支援法とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ