●障害福祉サービスの自己負担額とは?

●障害福祉サービスの自己負担額とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、障害支援サービスについて解説をしました。今回は、「障害福祉サービスの自己負担額とは?」について解説をしていきます。障害福祉サービスを利用する場合、…

 

 

「所得に応じて」

 

 

負担上限額が異なります。障害者総合支援法では「応能負担」方式です。したがって障害福祉サービスを利用する場合は…

 

 

「本人」
 
 
「家族等」

 

 

の資力を勘案する必要があります。障害福祉サービスの自己負担額を以下にまとめてみます。

 

 

 

●障害福祉サービスの自己負担額

 

 

  • 生活保護世帯  (0円)
  • 低所得世帯    (0円)
  • 一般 市町村民税課税世帯 (9千円前後)
  • 一般2 上記以外  (4万円前後)

 

 

 

このように、所得に応じて、利用料が異なっています。障害者総合支援法では「応能負担」が原則である。ということを理解しておきましょう。そして、障害福祉サービスとして…

 

 

「自立支援医療」

 

 

があります。自立支援医療の目的とは「心身の障害を除去、軽減」することを目的としています。そして、医療費の自己負担額を軽減する。という目的もあります。そして、…

 

 


 

 

 

「医療保険が優先される」

 

 

という特徴があります。種類については以下の種類があります。

 

 

 

●自立支援医療

 

 

  • 更生医療 ※身体障害者手帳の交付 ・18歳以上
  • 育成医療 ・18歳未満
  • 精神通院医療 ※通院をしている

 

 

このような内容の支援があります。そして「応能負担」となっています。治療例を以下に示します。

 

 

 

  • @視覚障害 ※水晶体摘出手術
  • A肢体不自由 ※人工関節置換術
  • B内部障害 ※腎移植 透析

 

 

 

このような内容についても理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

「障害支援サービスを利用する手順とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ