●障害者虐待防止法の内容とは?

●障害者虐待防止法の内容とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、障害者虐待防止法の概要について解説をしました。今回は、障害者虐待防止法の内容について解説をしていきます。障害者虐待防止法では障害者の定義としてこのように規定しています。

 

 

「身体障害者」
 
「知的障害者」
 
「精神障害者(発達障害者)

 

 

このような事項も押さえておきましょう。そして障害者虐待の類型として以下のように、定義しています。

 

 

「擁護者による虐待」
 
「施設従事者による虐待」
 
「使用者による虐待」

 

 

介護福祉士試験では、このような事項が出題される可能性があります。必ず押さえておきましょう。そして虐待の種類も以下の種類があります。

 

 

「身体的虐待」 ※暴行を行なう。
 
「心理的虐待」 ※暴言を吐く。
 
「性的虐待」  ※猥褻なことを行なう
 
「ネグレクト」  ※長時間の放置を行なう
 
「経済的虐待」 ※財産を不当に処分する など

 

 

このような事項が「虐待の種類」に分類されます。介護福祉士試験では、このような内容が出題される可能性があります。確認をlしておきましょう。そして虐待を受けたと思われる障害者を発見した場合…

 

 


 

 

 

「通報義務がある」

 

 

ということも理解をしておきましょう。そして市町村の対応としては、その後に「安全確認」「事実確認」を行なう場合があります。その後に…

 

 

「立ち入り調査」
 
 
「質問」

 

が行われる場合があります。場合によっては「警察署長」などの」援助がある場合もあります。そして、最終的には…

 

 

「障害者支援施設への一時保護」
 
 
「成年後見開始の審判の請求」

 

 

が行われることがあります。このような流れについても確認をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

●まとめ
 
 
「虐待の種類は以下の類型がある」
 
 
身体的虐待 ※暴行を加える
 
心理的虐待 ※暴言を行なう
 
性的虐待  ※猥褻な事を行う
 
ネグレクト  ※ 長時間の放置
 
経済的虐待 ※財産を不当に処分する など

 

 

●障害者の保護

 

  • 「障害者支援施設への一時保護」
  • 「成年後見開始の審判の請求」

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

「虐待者の類型とは何か?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ