●障害者虐待防止法とは?

●障害者虐待防止法とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、高齢者虐待防止法について解説をしました。今回は「障害者虐待防止法とは?」について解説をしていきます。障害者虐待防止法の対象者として以下の人が該当します。

 

 

「身体障害者」
 
「知的障害者」
 
「精神障害者(発達障害者を含む)

 

 

そして「虐待を受けた」と思われる障害者を発見した場合は「通報義務」があります。介護福祉士試験では、このような事項が出題される可能性があります。必ず…

 

 

「確認」

 

 

をしておきましょう。そして、障害者が「施設従事者」により虐待を受けた思われる場合があります。そのような場合も、発見者は…

 

 

「通報義務」

 

 

があります。そして、使用者により虐待を受けた。と思われる場合も「通報義務」があります。このように、障害者に対する虐待を発見した人は…

 

 

「通報義務がある」

 

 

ということを確認しておきましょう。そして通報先としては「市町村、都道府県」です。虐待を受けた障害者の一時保護先としては市町村による…

 

 


 

 

 

「障害者福祉施設」

 

 

があります。このように、「通報先」「一時保護先」についても確認をしておきましょう。そして、措置として「面会の制限」があります。その他にも…

 

 

「市町村による成年後見開始の審判」

 

 

があります。このような事項についても押さえておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

●まとめ
 
 
「障害者虐待防止法の対象者は以下の人が該当する」

 

 

  • 身体障害者
  •  
  • 知的障害者
  •  
  • 精神障害者(発達障害者を含む)

 

 

「虐待を受けたと思われる障害者を発見した場合は、通報義務がある」

 

 

「通報先は、原則として市町村と都道府県である」

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

「障害者虐待防止法とは何か?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ