●虐待の防止とは?

●虐待の防止とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、苦情解決の機関について解説をしました。今回は、「虐待の防止とは?」について解説をしていきます。まずは…

 

 

「高齢者虐待防止法」

 

 

とは、どのような法律であるのか?理解をしておきましょう。虐待の防止に関する法律は、介護福祉士試験でも、頻繁に出題される可能性があります。しっかりと押さえておきましょう。

 

 

高齢者虐待防止法の対象者は「65歳以上」となっています。そして発見した人の義務として「通報義務」があります。つまり、虐待の現場を発見した人は…

 

「通報義務」

 

 

がある。ということを確認しておきましょう。そして、虐待を受けたと思われる「高齢者」を発見した場合は通報する…

 

 
「努力義務」

 

 

がある。ということです。つまり、虐待を発見した場合は「通報義務」がある。ということです。そして、虐待を受けたと「おもわれる場合」は…

 

 


 

 

 

「努力義務」

 

 

である。ということです。このように、「通報義務」と「努力義務」についての違いについて確認をしておきましょう。そして、通報先は原則として…

 

 

「市町村」

 

 

となっています。尚、市町村は「地域包括支援センター」に委託することが可能である。と規定しています。そして、虐待を受けた高齢者の一時保護先としては…

 

 

「市町村による老人短期入所施設」

 

 

となります。このような事項について確認をしておきましょう。そして、措置としては「面会の制限」などがあります。そして、市町村長により…

 

 

「成年後見開始の審判」

 

 

などの保護措置も取られる場合があります。つまり、虐待を受けた高齢者を「保護する」制度となります。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

●まとめ
 
 
「高齢者虐待防止法(平成18年施行)の対象者は65歳以上の者)
 
「発見した人は通報義務がある」
 
「虐待を受けている。と思われる場合は努力義務である」
 
「通報先は原則として市町村に行なう」
 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

「障害者虐待防止法」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ