●苦情解決の仕組みとは?

●苦情解決の仕組みとは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、日常生活自立支援事業について解説をしました。今回は、「苦情解決の仕組みとは?」について解説をしていきます。福祉サービスを実施する場合の苦情には様々な種類があります。例えば…

 

 

「利用者」

 

 

が介護事業者からサービスの提供を受けた場合の「不満」を訴える場合があります。そのような場合は、利用者は最初に事業所の…

 

 

「苦情解決責任者」

 

 

に苦情を申し出る事が必要です。それでも解決をしない場合は、市町村などの公的な機関に申し立てる事が必要です。この場合、利用者が…

 

 

「行政機関」

 

 

から納得のいかない「処分」を受ける場合があります。この場合は「審査請求」として、公的な機関に「審査請求」を行なうことが必要です。このように利用者が苦情を訴える場合…

 

 

「行政機関から納得のいかない行政処分を受けた場合」
 
 
「介護事業所から納得のいかないサービスを受けた場合」

 

 

の2種類あります。そして前者の場合、公的な機関に「審査請求」を行なうことが必要です。後者の場合は「苦情解決」として公的な機関に申し立てることが必要です。このように…

 

 
「審査請求」
 
 
「サービスの苦情」

 

 

後外について理解をしておきましょう。行政機関から行政処分を受ける場合にも様々なパターンがあります。例えば…

 

 


 

 

 

「介護度が軽すぎる」

 

 

などの行政処分を不満に感じる場合があります。そのような場合は、「介護保険審査会」などに審査請求をすることが必要です。一方で「介護サービス」に不満がある場合は…

 

 

「国民健康保険団体連合会」

 

 

に事業所の苦情を申し立てる事が必要です。このようなことについて理解をしておきましょう。それでは、内容をまとめます。

 

 

 

●まとめ
 
「行政機関に対する苦情は審査請求を行なう」
 
 
「介護サービス事業者に対しては、事業所の苦情として申したてる」
 
 
「審査請求の場合は、介護保険審査会等に行なう」
 
 
「苦情解決の場合は、国民健康保険団体連合会に行う」

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回も引き続き…

 

 

「苦情解決の機関とは何か?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ