●日常生活自立支援事業とは?

●日常生活自立支援事業とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、後見人について解説をしました。今回は、「日常生活自立支援事業とは何か?」について解説をしていきます。日常生活自立支援事業の実施主体は…

 

 

「都道府県」
 
「指定都市」

 

 

の社会福祉協議会が行います。そして業務の一部を市町村の社会福祉協議会等に委託することが可能です。このように、日常生活自立支援事業では…

 

 

「社会福祉協議会」

 

 

が主な業務を担うことになります。そして、利用対象者は「認知症高齢者」「知的障害者」「精神障害者」などが対象となります。そして…

 

 

「判断能力が不十分な人」

 

 

を対象としています。しかし、自分が活用しようとしているサービス内容を「理解」することができる「能力」は必要となります。このように、今後…

 

 

「認知症高齢者」

 

などが増加することが予測されています。その為に、今後、介護福祉士試験でも「日常生活自立支援事業」について出題されることが予測できます。したがって、日常生活自立支援事業の…

 

 

「対象者」

 

 

について理解をしておきましょう。そして実際に日常生活自立支援事業を実施するのは「市町村」社会福祉協議会となります。「市町村」社会福祉協議会では…

 

 


 

 

 

「生活支援員」

 

が専門員が作成した「支援計画」に基づき、「援助」を行います。そして、専門員は「支援計画の作成」以外にも「契約締結の業務」…

 

 

「生活支援員の指導」

 

 

などを担います。専門員は基本的には「社会福祉士」「精神保健福祉士」などから任用されることになります。このように、…

 

 

「日常生活自立支援事業とは何か?」

 

 

ということについて確認をしておきましょう。それでは、今回の内容のまとめを行います。

 

 

●まとめ
 
「日常生活自立支援事業は以下の人の支援を行なう」

 

 

  • 認知症高齢者
  •  
  • 知的障害者
  •  
  • 精神障害者

 

 

このような人の支援を行います。在宅者や施設生活者も含みます。実施体制としては専門員と生活支援員がいます。

 

 

「専門員は支援計画を作成する。契約締結業務を行なう。生活支援員の支援を行う」
 
「生活支援員は支援計画に基づき、援助を行なう」
 
「契約締結審査会は、契約締結を行なう能力について疑義がある場合、審査を行なう」

 

 

以上の事項について確認をしておきましょう。

 

 

次回も、引き続き、日常生活自立支援事業について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ