●法定後見制度の種類とは?

●法定後見制度の種類とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、成年後見制度について解説をしました。今回は、法定後見制度の種類について解説をしていきます。法定後見制度は主に3種類あります。

 

 

「後見」
 
「補佐」
 
「補助」

 

 

 

などの種類があります。対象となる人は「後見」の対象者が最も状態が重たい。というように分類されています。そして「保佐」「補助」の順に軽度に分類されています。このように法定後見制度は…

 

 

「対象者の状態」

 

 

に応じて対応できるように、細分化されています。このように、介護福祉士試験では法定後見制度を理解する必要があります。そして状態が重たい順に…

 

 

「後見」
 
「保佐」
 
「補助」

 

 

というように分類だれている。ということを理解しておきましょう。尚、後見制度の対象者としては判断能力が「欠けている人」が…

 

 

「対象」

 

 

となります。保佐の場合であれば、判断能力が「著しく不十分な者」が対象となっています。そして、最も軽度な状態が補助となっています。補助では判断能力が…

 

 

「不十分な者」

 

 

が対象となっています。法定後見制度の対象者についてまとめます。

 

 
「後見とは判断能力が「欠けている」常況の者」

 

※常にそのような状態

 

 

「保佐とは判断能力が著しく「不十分」な者」
 
 
「補助とは判断能力が「不十分」な者」

 

 

が対象者となっています。そして家庭裁判所に申し立てる事ができる人としては…

 


 

 

 

「本人」
 
「配偶者」
 
「4親等内の親族」
 
「検察官」
 
「市町村長」

 

 

などが家庭裁判所に申し立てを行なうことができます。介護福祉士試験でも問われる可能性があるために、確認をしておきましょう。それでは、内容をまとめます。

 

 

 

●まとめ
 
 
「後見とは判断能力が欠けている者」

 

※常にそのような状態である

 

 

「保佐とは判断能力が著しく不十分な者」
 
 
「補助とは判断能力が不十分な者」

 

 

 

申し立てができる人は…

 

 

  • 本人
  •  
  • 配偶者
  •  
  • 4親等内の親族
  •  
  • 検察官
  •  
  • 市町村長など

 

 

 

出題される可能性があるために、確認をしておきましょう。次回は…

 

 

 
「後見人とは何か?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ