●成年後見制度とは?

●成年後見制度とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、代理について解説をしました。今回は「成年後見制度とは?」について解説をしていきます。成年後見制度とは…

 

 
「精神上の障害」

 

 

などにより、判断能力が「不十分」な人を保護するための制度です。そして後見人などの保護者が意思決定を行なうことが…

 

 

「困難な人」

 

 

を保護するための制度です。成年後見制度を活用するためには「家庭裁判所」に申し立てる必要があります。そして家庭裁判所では職権により…

 

 

「法定後見人」
 
 
「法定後見監督人」

 

を選任することができます。介護福祉士試験では「成年後見制度」は出題される可能性があるために、必ず押さえておきましょう。成年後見制度は主に2つの制度に分かれています。…

 

 

「法定後見制度」
 
 
「任意後見制度」

 

 

に分かれています。任意後見制度とは、「元気な人」が将来に備えて「信用できる人」をあらかじめ選任しておく制度です。つまり、自分が…

 

 

「寝たきり」
 
 
「認知症」

 

 

になってしまった場合に備えるための制度です。そして事前に選任しておいて「任意後見人」に「財産管理」「契約」を代理人として行ってもらう。ことを目的としてます。一方で法定後見制度は…

 

 


 

 

 

 

「すでに判断力が低下した人」

 

 

 

を対象としています。つまり、法定後見制度は「すでに認知症」などにより判断力が低下している人が対象となります。このように…

 

 

「任意後見制度」
 
 
「法定後見制度」

 

 

の違いについて理解をしておきましょう。そして法定後見制度は状態によって分類されています。それでは、内容をまとめます。

 

 

 

●まとめ
 
 
「成年後見制度は精神上の障害により判断力が不十分な人を保護するための制度である」
 
 
「成年後見制度を活用する場合は、家庭裁判所に申し立てる」
 
 
「法定後見制度と任意後見制度がある」
 
 
「法定後見制度はすでに判断力が不十分な人が対象である」

 

 

※状態により「後見」「補佐」「補助」に分類される。「後見」が一番、重度である。

 

 

「任意後見制度は元気な人が事前に信用のできる人を選任しておく制度である」

 

 

 

以上の事項について確認をしておきましょう。次回は、…

 

 

「法定後見制度とは何か?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ