●代理とは何か?

●代理とは何か?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、行為能力者について解説をしました。今回は「代理とは何か?」について解説をしていきます。代理とは、法律行為について、本人に代わって、…

 

 

「特定の者」

 

がその行為を「代わりに行なうこと」を意味します。例えば、未成年者の契約行為を「親」が代わりに行なう。ということを意味します。このように両親などを…

 

 

「法定代理人」

 

 

と言います。法定代理人には「親権者」「未成年後見人」「成年後見人」などがいます。介護福祉士試験では、成年被後見人に対する…

 

 
「成年後見人」

 

 

について、出題される可能性があります。したがって、「成年後見人は代理行為ができる」ということについて確認をしておきましょう。因みに成年後見人は…

 

 

「成年被後見人」

 

 

の代理を行なう。ということです。わかりやすく例えると、成年後見人を「息子」にします。そして、親を「成年後見人」とします。この場合、成年後見人である息子は成年被後見人である…

 

 

 

「親の行為」

 

 

を取り消すことができる。ということです。例えば、親が重度の認知症の症状を有している。と仮定します。その場合、親が悪徳業者に騙されて…

 

 


 

 

 

「不利益な契約」

 

 

を行った場合、家族は非常に「困る」ことになります。そのような場合、「親の行為」を取り消すことができるように、家庭裁判所に…

 

 

「申し立てる」

 

 

ことがが必要です。このように、制限行為能力は「成年被後見人」「被保佐人」「被補助人」として保護される。という状態になります。因みに状態は…

 

「成年被後見人」

 

 

が一番、重度である。ということも理解しておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

●まとめ
 
「代理とは本人にかわって特定の者が法律行為を行なうこと」

 

※親が未成年者の代わりに契約を行なう。など

 

 

「代理人には法定代理人などがいる。」

 

※親権者、未成年後見人、成年後見人など

 

 

例えば息子である「成年後見人」は親である「成年被後見人」の法律行為を取り消すことができる。

 

 

 

このような事項について押さえておきましょう。次回は…

 

 

「成年後見制度」

 

 

について詳しく解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ