●行為能力者とは?

●行為能力者とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、権利の主体について解説をしました。今回は、行為能力者とはなにか?について解説をしていきます。まずは…

 

 

「行為能力者とは何か?」

 

 

ということについて解説をしていきます。行為能力者とは、「自分の力のみで法律行為を行える」事ができる能力を言います。例えば一人で映画を見に行き…

 

 

「会計を行なうことができる」

 

 

などの法律行為が行える。ということを意味します。このように、買い物などの「法律行為」を行なうことができる能力を有する人を…

 

 

「行為能力者」

 

 

と言います。つまり、行為能力者とは「行為能力を有する者」である。という表現もできます。そして、行為能力者の定義としては…

 

 

「年齢20歳以上」

 

 

の成年者のことを意味します。ただし、未成年者であっても「婚姻」をした場合は「成年」に達したもの、とみなします。このような…

 

 

「例外規定」

 

 

についても押さえておきましょう。介護福祉士試験では「制限行為能力者」について問われます。したがって、「制限行為能力者とは何か?」について確認をしておきましょう。制限行為能力者とは…

 

 

「未成年者」
 
「成年被後見人」
 
「被保佐人」
 
「被補助人」

 

 

 

を意味します。これらの人は「制限行為能力者」として保護されます。つまり、一般的な「成年」以外の人を「制限行為能力者」と分類できます。そして制限行為能力者は法律行為を…

 

 


 

 

 
「取り消す」

 

 

ことができる場合があります。このように、制限行為能力者は法律により「保護されている」状態です。したがって、制限行為能力者は自分がおこなった法律行為について…

 

 

「取り消す」

 

 

事が可能となる。場合があることを理解しておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

 

●まとめ
 
「行為能力者は一人で有効な法律行為ができる」 ※買い物など
 
「行為能力者は原則として20歳以上の成年者」
 
「制限行為能力者は以下の人が該当する」

 

 

  • 未成年者
  •  
  • 成年被後見人
  •  
  • 被保佐人
  •  
  • 被補助人

 

 

これらの人の法律行為は「取り消す」事ができる場合があります。

 

※法律によって保護されるため

 

 

 

このような事項について押さえておきましょう。それでは、次回も引き続き…

 

 

「権利の主体とは何か?」

 

 

ということについて解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ