●権利の主体とは?

●権利の主体とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、憲法の「思想及び良心の自由」について解説をしました。今回は、「権利の主体とは?」について解説をしていきます。権利の主体については…

 

 

「民法」

 

 

に明記されています。民法とは「私人間の関係」などについて規定しています。憲法では「国家と個人」の関係が規定されていました。しかし、民法では…

 

 
「個人間の関係」

 

 

などが明記されています。主には「契約」「家族」などの関係性を規定しています。そして、「権利とは何か?」ということについても規定されています。権利については介護福祉士試験でも…

 

 

「制限行為能力者」

 

 

などの事項で関連して出題されることがあります。制限行為能力者については、「権利の主体」について理解していないと、理解することが困難です。したがって…

 

 
「権利の主体」

 

 

とは何か?ということについて理解をしておきましょう。民法では人間の権利能力は「出生時」に取得する。ということが明記されています。そして、権利能力は…

 


 

 

 

「死亡」

 

 

することにより喪失します。つまり、人間の権利能力とは「出生時」から「死亡時」までの間に存在します。そして、人は生まれてから死ぬまでの間で多様な法律行為を行います。しかしその過程で…

 

 

「判断能力が不十分な人」

 

 

は、不利益を被る可能性があります。例えば、契約をする時に「騙される」などの被害を被る恐れがあります。そのような人を保護するための制度として…

 

 

「未成年者」などを…
 
 
「制限行為能力者」

 

 

 

として保護する制度があります。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

●まとめ
 
 
「民法では個人間の権利について定めている」 ※契約など
 
「人間は生まれてから死ぬまでの間、権利能力を有している」
 
「未成年者や成年被後見人などは、制限行為能力者として保護されている」 
 
※詐欺などでだまされないため保護する必要があるから

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回も引き続き…

 

 
「権利の主体とは何か?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



HOME プロフィール お問い合わせ