●在宅中心静脈栄養法とは?

●在宅中心静脈栄養法とは?

 

 

 

 

 

 

 

前回においては「●人工透析の留意点とは?」について解説をしました。今回は「●在宅中心静脈栄養法とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

「在宅中心静脈栄養法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて理解をする為には、どのような場合に「在宅中心静脈栄養法」を行うのか?という事について知る必要があります。在宅中心静脈栄養法は…

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

「十分な食事」

 

 

 

 

 

 

 

 

がとれない時に行います。十分な食事がとれない場合、「必要な栄養を摂取できません」もし、必要な栄養を接種できなくなると…

 

 

 

 

 

 

 

 

「栄養不良」

 

 

 

 

 

 

 

 

の状態に陥る危険性があります。そのような状況を防止する為には「高濃度栄養剤」を注入して摂取することが必要になります。摂取の方法としては…

 

 

 

 

 

 

 

 

「直接血管」

 

 

 

 

 

 

 

 

に注入する方法があります。栄養を直接、血管により注入する方法が「中心静脈栄養法」です。中心静脈栄養法は人間の…

 

 

 

 

 

 

 

 

「栄養摂取機能」

 

 

 

 

 

 

 

 

と本来は異なる経路により摂取します。そのため、長期間に及び、継続することにより、消化吸収機能が「低下」する可能性があります。このように…

 

 

 

 

 

 

 

「中心静脈栄養法」

 

 

 

 

 

 

 

 

は、長期間継続することにより「消化吸収機能が低下」する可能性がある、ということを理解しておきましょう。在宅中心静脈栄養法では…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

「心臓の近く」

 

 

 

 

 

 

 

 

に位置する「中心静脈」を使用します。中心静脈とは「太い静脈」です。方法としては、「鎖骨下」等から「カテーテル」を…

 

 

 

 

 

 

 

 

「中心静脈」

 

 

 

 

 

 

 

 

の先端を挿入します。そして、固定します。方法としては「ポート型」があります。ポート型では、カテーテルの端を、そのまま…

 

 

 

 

 

 

 

 

「体外に出す方法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。そのほかにはカテーテルの端を、そのまま「体外に出す方法」もあります。このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次に…

 

 

 

 

 

 

 

 

「在宅中心静脈栄養法の留意点」

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

■在宅中心静脈栄養法の留意点

  • ○基本的には入浴可能→医療職と相談が必要(特別な配慮が必要である為)
  • ○感染防止対策
  • ○カテーテル抜去事故防止に留意
  • ○輸液用バッグ
  • ○接続チューブの扱いに注意
  • ○トラブル時の対応をスタッフ間で共有
  • ・点滴が落ちない
  • ・カテーテルが抜けた
  • ・出血等

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。在宅中心静脈栄養法では様々な注意事項があります。特にトラブル発生時の対応法は…

 

 

 

 

 

 

 

 

「関係者間」

 

 

 

 

 

 

 

 

で共有しておきましょう。それでは、今回の内容について簡潔にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

■在宅中心静脈栄養法とは?

 

 

■在宅中心静脈栄養法の基礎知識

  • ○在宅中心静脈栄養法が必要な場合
  • ・食事が不十分である
  • ・必要な栄養を摂取できない

 

 

○在宅中心静脈栄養法の方法

  • ・高濃度栄養剤を直接血管に注入→鎖骨下の中心静脈

 

 

○在宅中心静脈栄養法の注意点

  • ・消化吸収機能が低下
  • ・入浴は医療職と相談
  • ・感染防止
  • ・トラブル時の対応を共有

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

「●在宅経管栄養法とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をします。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ