●高齢者の非定型的な症状とは?

●高齢者の非定型的な症状とは?

 

 

 

 

 

 

 

前回においては、「●高齢者の疾患の特徴とは?」について解説を行いました。今回は「●高齢者の非定型的な症状とは?」について解説を行います。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●高齢者の非定型的な症状とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて理解をする為には、「高齢者の疾患」の特徴について知る必要があります。そして、「非定型的」という言葉の定義について…

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をする必要があります。「非定型的」というのは、症状が「診断基準」と異なり、「徴候」がはっきりしない状態のことを意味します。特に後期高齢者の方に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「顕著」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。後期高齢者とは「75歳以上」の高齢者のことです。このように、「高齢者の非定型的な症状」とは、後期高齢者で、診断基準がはっきりとせず…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「具体的な症状」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が無い人が「該当」します。たとえば、「心不全」で「呼吸音」などの「心不全徴候」がみられないのに、「食欲低下」や「元気の無さが目立つ」等の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「症状」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が該当します。そして、「肺炎」を発症しているのに「発熱」「せき」「たん」等の具体的な症状がみられない、ことがあります。このように、高齢者の場合…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「肺炎」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等の重篤な疾患に罹患しているのに「発熱」等の具体的な症状が発生しない、ということが特徴的です。このように、高齢者の場合は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「発熱」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「咳」などの具体的な症状がみられなくとも、普段と比較をして「元気が無い」「食欲不振」「失禁」「倦怠感」などの症状がみられたら、何らかの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「疾患」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が背後に潜んでいる可能性を考える必要があります。高齢者の場合、肺炎や何らかの感染症に罹患していても「具体的な症状」が…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「発現」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しない、場合があります。しっかりと理解をしておきましょう。高齢者に関する注意事項としては、そのほかに「薬剤に対する特徴的な反応」についても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をしておくことが大切です。高齢者の特徴として「非定型的な症状」の他に「薬剤」について「副作用」が発現しやすい、ということがあります。高齢者は個人差はありますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「肝臓機能」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「腎臓機能」が一般的な成人と比較をすると低下傾向にあります。そのために、代謝機能が低下してしまい、薬剤の「副作用」が発現しやすくなります。そのほかの要因としては…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「多剤併用」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

も高齢者の副作用が発現しやすくなる要因として挙げることができます。高齢者の場合「慢性疾患」や「複数の疾患」により、結果として服用する薬が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「多くなる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

からです。このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●高齢者の非定型的な症状とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●高齢者の非定型的な症状とは?

 

 

 

●非定型的な症状の特徴

  • ○非定型的な症状とは以下の特徴がある
  • ・徴候が明確でない
  • ・症状が診断基準と異なる
  • ・75歳以上の後期高齢者で顕著

 

 

 

 

○非定型的な症状

  • ・心不全で呼吸音等の心不全徴候がみられない
  • ・活気が無く、食欲低下が目立つ
  • ・肺炎なのに、「発熱」「せき」「たん」等の症状がみられない
  • ・普段と様子が異なる→「失禁」「「食欲不振」「倦怠感」等が目立つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●代謝異常による疾患とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ