●高齢者に多い疾病とは?

●高齢者に多い疾病とは?

 

 

 

 

 

 

 

前回では「●高齢者の失禁とは?」について解説を行いました。今回は「●高齢者に多い疾病とは?」について解説を行います。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「高齢者に多い疾病とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて理解をする為には、高齢者の疾病の特徴について知る必要があります。そして、高齢者によくみられる「疾患」についても…

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をする必要があります。まずは、「症状」と「疾患の原因」について把握をする必要があります。そして、介護保険における「特定疾病」であるか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「否か」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のチェックも必要です。なお、「精神疾患」や「認知症」については、それぞれ、別の回で解説をします。まずは、高齢者全般に共通する高齢者の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「疾患の特徴」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

●高齢者の疾患の特徴

 

 

 

高齢者は若年者と比較をすると「心身機能」が低下しています。そのため、高齢者の疾患は様々な特徴があります。以下に高齢者の疾患の特徴についてまとめます。

 

 

 

 

●高齢者の疾患(共通事項)

  • ○複数化→一人で多くの疾患を有している(腎臓も肝臓も悪いなど)
  • ○慢性化→高齢者は治療が長引く傾向にある(慢性化しやすくなる)(後遺症も残りやすい)
  • ○症状・反応が異なる→防御機能の低下により治りにくい(症状が非定型的)(薬に対する反応に差がある)
  • ○予後が要因で左右される→社会的要因や環境的要因に予後が左右される
  • ○老年症候群がある→疾患の典型的症状がわかりにくい(合併症を併発しやすい)(発見が遅くなる)
  • ○個人差→経過や症状などの個人差が大きい

 

 

 

 

 

 

このように、高齢者の疾患は共通した反応があります。「複数化」では一人で多くの疾患を有している、ということが特徴的です。心臓に疾患があったり…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「肝臓が悪い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

など、複数の疾患を併せ持っている場合があります。「個人差」では、経過や症状が人により大きく異なります。「慢性化」では、高齢者は若年者と比較をすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

「治療が長引く」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾向にあります。そのため、後遺症も残りやすい、ということが特徴的です。「予後が要因で左右される」ということもあります。本人がおかれている…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「環境的要因」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「社会的要因」に左右されます。「症状・反応が異なる」ことも高齢者の疾患に共通してみられます。「症状が非定型的」で「薬」に対する反応が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「成人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と異なります。そして「老年症候群」により、疾患の「典型的症状」がわかりにくくなっています。そのため。発見が遅れたり、合併症を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「併発」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しやすくなっています。このように、高齢者の疾患は特徴があります。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●高齢者に多い疾病とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

●高齢者に多い疾病とは?

 

 

 

●高齢者の疾病の把握

  • ○疾患の原因を把握
  • ○疾患の症状を知る
  • ○高齢者の疾患の特徴について理解する

 

 

 

 

●高齢者の疾患の特徴

  • ○複数化→一人で多くの疾患を有している
  • ○慢性化→治療が長引き、「慢性化」しやすい
  • ○個人差→症状や経過など、「個人差」が大きい
  • ○予後が要因で左右される→社会的要因や環境的要因に左右される
  • ○症状・反応が異なる→症状が非定型的、薬に対する反応が異なる
  • ○老年症候群がある→疾患の典型的な症状がわかりにくい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●高齢者の非定型的な症状とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説しています。

 

 

 

 

 



●高齢者に多い疾病とは? 関連ページ

●高齢者の特徴とは?
●高齢者の身体的機能の特徴とは?
●高齢者の生理的機能の特徴とは?
●高齢者の精神的機能の特徴とは?
●老年症候群とは?
●サルコペニアとは?
●廃用症候群とは?
●廃用症候群の悪循環とは?
●誤嚥とは?
●高齢者の脱水とは?
●高齢者の不眠とは?
●高齢者の転倒とは?
●高齢者の失禁とは?
●高齢者の非定型的な症状とは?
●代謝異常による疾患とは?
●糖尿病の三大合併症とは?
●脂質異常症とは?
●脳血管疾患とは?
●脳血管疾患の局所症状とは?
●脳血管疾患の対応とは?
●筋萎縮性側索硬化症(ALSとは?)
●パーキンソン病とは?
●パーキンソン病の症状とは?
●パーキンソン病の重症度分類とは?
●パーキンソン病関連疾患とは?
●脊髄小脳変性症と多系統萎縮症とは?
●早老症とは?
●循環器疾患とは?
●狭心症と心筋梗塞とは?
●不整脈とは?
●心不全とは?
●閉塞性動脈硬化症(ASO)とは?
●呼吸器の疾患とは?
●肺炎とは?
●肺結核とは?
●喘息とは?
●胃・十二指腸潰瘍とは?
●胆石症とは?
●肝炎、肝硬変とは?
●潰瘍性大腸炎とは?
●腎不全とは?
●前立腺肥大症と「がん」とは?
●変形性関節症とは?
●関節リウマチとは?

HOME プロフィール お問い合わせ