●障害者の定義とはどのようなものか?

●障害者の定義とはどのようなものか?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、障害者・障害児に関する統計的な情報について解説をしました。今回は、「障害者の定義とは?」について解説をしていきます。障害者の定義を考える場合…

 

 

「身体障害者」
 
 
「知的障害者」
 
 
「精神障害者」

 

 

 

の法律上の定義が存在するか、確認をしておきましょう。身体障害者、精神障害者は法律的に「定義」が存在します。しかし知的障害者の場合…

 

 

「法的な定義」

 

 

が存在しません。そのような事項を確認しておきましょう。それでは、身体障害者の定義について以下にまとめてみます。

 

 

 

●身体障害者の定義
 
 
「身体障害者福祉法に定義がある」
 

 

  • 身体上の障害がある
  • 18歳以上の者である
  • 身体障害者手帳の交付をうけた者
  • 1から6級まである

 

 


 

 

 

 

 

●精神障害者
 
「精神保健法に定義がある」

 

  • 統合失調症
  • 精神作用物質による中毒またはその依存症
  • 知的障害
  • 精神病質
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付をうけた者
  • 1から3級ある

 

 

 

●知的障害者
 
「法律上の定義なし」

 

  • おおむね18歳までに知的機能に関して症状が発現している
  • 療育手帳の交付を受けている者
  • A級 B級などの区分がある ※自治体により異なる

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護福祉士試験では、障害者に関する問題が出題されます。そのために障害者の定義について理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめてみます。

 

 

 

●障害者の定義
 
身体障害者
 
「法律上の定義あり」

 

  • 18歳以上の者である
  • 身体障害者手帳の交付を受けている
  • 1から6級まである

 

 

 

精神障害者
 
「法律上の定義あり」

 

  • 統合失調症
  • 精神病質による中毒または依存症
  • 知的障害
  • 精神病質
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付をうけている
  • 1から3級

 

 

知的障害者
 
「法律上の定義あり」

 

  • 知的機能の障害がおおむね18歳までに発現している
  • 療育手帳
  • A級 B級

 

 

 

このような事実について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 
「身体障害者障害程度等級表とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ