●障害者基本法の取り組みとは?

●障害者基本法の取り組みとは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、障害者基本法について解説をしました。今回は具体的に障害者基本法では、「どのような内容を定めているのか?」解説をしていきます。障害者基本法では…

 

 

「地域社会の共生」

 

 

を目的としています。そして、地域社会の共生を実現するために、以下の事項が目的として掲げられています。

 

 

  • 社会参加の促進
  • 選択の機会の確保
  • 意思の疎通の確保

 

 

 

このような内容が障害者基本法では目的事項である。とされています。社会参加の促進とは、すべての障害者は社会の一員として…

 

 

「あらゆる分野に参加」

 

 

する機会を確保されています。そして、すべての障害者は「どこで」「誰と」生活をするのか。選択の機会を保障されています。そして、隔離されることなく…

 

 
「地域の一員」

 

 

として生活をできるように、基本的人権が保障されています。その他には「意思疎通の機会」の確保を行っています。つまり、障害を有する人が…

 

 

「地域住民から疎外されないように」

 

 

配慮をしています。このように、障害者基本法では「何人たりとも」障害を理由として「差別すること」を法的に禁止しています。そして、その他の障害者の…

 

 


 

 

 

「権利と利益」

 

 

を侵害してはならない。ということを明記しています。そして、このような障害者施策を具体化するために、「障害者基本計画」が政府により定められています。障害者基本計画では…

 

 

「ノーマライゼーション」
 
「リハビリテーション」

 

 

の理念を盛り込んでいます。そして、共生社会の実現を目指しています。介護福祉士試験でも「障害者基本法」の内容について問われる可能性があります。しっかりと…

 

 

 
「理解」

 

 

をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめてみます。

 

 

 

●障害者基本法の内容
 
・地域社会の共生を志向している

 

 

  • 障害者はすべての分野で社会参加を行なうことができる
  • 障害者は選択の機会が保障されている
  • 障害者はコミュニュケーションの手段を確保されている
  • 地域社会から疎外されることがあってはならない

 

 

「これらの政策を実現するために、障害者基本計画を策定する」

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

「障害者 障害児に関する統計とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 



 


HOME プロフィール お問い合わせ