●障害者基本法とは?

●障害者基本法とは?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、障害者福祉の基礎について解説をしました。今回は、「障害者基本法とは?」について解説をしていきます。障害者基本法は前回で解説をしたように、障害者政策の…

 

 
「基本」

 

 

となります。障害者基本法の目的とは、すべての国民が「共生する社会」の実現を目指しています。そして、障害者の自立」と「社会参加」を志向しています。このように、障害者基本法では障害者施策の…

 

 

「基本原則」

 

 

を定めています。障害者基本法は障害者福祉の基礎となる法律です。したがって、介護福祉士試験でも重要な要素となります。しっかりと理解をしておきましょう。そして、障害者基本法には…

 

 

「障害者の定義」

 

 

について定められています。障害者は以下のように定義されています。

 

 

 

 

  • 身体障害
  • 知的障害
  • 精神障害(発達障害)
  • 心身の機能に障害を有する
  • 障害及び社会的障壁により社会生活に制約がある

 

 

 

このような条件に該当する者を「障害者」として定義しています。そして、社会的障壁とは以下のように定義されています。

 

 

  • 日常生活または社会生活を営む上での障壁
  • 制度
  • 事物
  • 慣行
  • 観念

 

 

このような事項を「社会的障壁」と定義しています。つまり、社会的障壁とは「社会的な制限」「日常生活上の人々の偏見」なども…

 

 


 

 

 

「社会的障壁」

 

 

と規定しています。このような、障害者に対する「思い込み」「偏見」なども「社会的な障壁」に該当することを理解しておきましょう。それでは、今回の内容をまとめてみます。

 

 

 

●障害者基本法とは
 
・障害者基本法の目的

 

 

  • 障害者の自立
  • 社会参加の支援
  • 基本原則を定める
  • 施策の基本となる

 

 

 

・障害者の定義

 

  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者(発達障害者)
  • 障害及び社会的障壁により社会生活に制限がある

 

 

「社会的障壁とは障害者に対する偏見を含む」

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回も引き続き…

 

 

「障害者基本法の内容とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 



 


HOME プロフィール お問い合わせ