●高齢者施設はどのように分類できるのか?

●高齢者施設はどのように分類できるのか?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

前回では、高齢者施設のまとめについて解説をしました。今回も引き続き、「高齢者施設」はどのように分類できるのか?」について解説をしていきます。前回でも解説をしたように、高齢者施設は…

 

 

「老人福祉法」
 
「介護保険法」
 
「高齢者の住居の安定確保に関する法律」
 
「医療法」

 

 

によリ分類されています。今回は、「介護保険法」と「医療法」における高齢者関連施設について解説をしていきます。介護保険法では、主に以下の高齢者施設があります。

 

 

  • 介護老人福祉施設(老人福祉法では特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 特定施設入居者生活介護(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホームなど)

 

 

主にこのような施設があります。「介護療養型医療施設」は平成29年までに「廃止」されることになっています。このような分類について理解をしておきましょう。…

 

 

「高齢者施設の分類」

 

 

は介護福祉士試験で出題される可能性があります。医療法の分類では高齢者施設は「医療療養病床」が存在します。高齢者関連施設を理解する場合…

 

 


 

 

 

 

「医療法」

 

 

についても確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

●介護保険法の高齢者関連施設
 
 
「介護老人福祉施設=特別養護老人ホーム」
 
 
「介護老人保健施設」
 
 
「特定施設入居者生活介護」

 

  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 有料老人ホーム

※有料老人ホームの定義に該当する場合は、サービス付き高齢者向け住宅も該当する

 

 

 

「介護療養型医療施設は廃止される予定」
 
 
「医療法では医療療養病床が存在する」

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

「障害者制度とは?」

 

 

について解説をしていきます。

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ