●介護保険と社会保険方式導入の意義とは?

●介護保険と社会保険方式導入の意義とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、「●介護保険と社会保険方式とは?」について解説をしました。今回は「●介護保険と社会保険方式導入の意義とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護保険と社会保険導入の意義とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて理解をする為には、なぜ「社会保険方式が導入されたのか?」ということについて理解をすることが必要になります。介護保険を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「社会保険方式で運営する意義」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

については、「社会保障審議会」が「なぜ、社会保険方式が良いのか?」ということをまとめています。社会保険方式のメリットとしては、「安定的なサービスを提供できる」ということが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「社会保障審議会」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

によれば、介護保険を社会保険方式で運用するメリットとして挙げられています。介護保険を社会保険方式で運用することにより、財源を保険料として…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「確保」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できます。財源を保険料として徴収することで「安定的に」サービスを提供することができる、とされています。そして、増大するニーズにも応えることができます。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「受益者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が多い、ということも社会保険方式で運営することのメリットとして挙げられています。なぜなら、すべての人が「介護を必要とする状態」あるいは介護を必要とする老親をもつ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「可能性」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が相当程度あるためです。したがって、社会保険方式で運営することにより「受益者」が多くなる、とされています。そのほかには、「権利としてのサービス給付」を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実現できる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということもメリットとしてあげられています。従来の制度であった措置制度と異なり、社会保険方式では「保険料」を支払います。そして、権利としての…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サービスの給付」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を受けることができます。措置制度では租税で運営されるために、老人福祉サービスを利用する人は「心理的な抵抗感」を持つことがデメリットとして認識されていました。しかし、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「社会保険方式」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で運営を行うと自らが支払った「社会保険料」で運営されているために、心理的抵抗感が少なくなります。そのほかには、介護保険を社会保険方式で運営することにより…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「負担と給付」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

との対応関係が理解しやすい、ということも社会保険方式ならではの長所とされています。社会保険方式で運用することにより、ニーズの増大に対して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サービスの量的拡大」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を図ることに対して、国民の「同意」を得やすくなります。このようなことが社会保障審議会により介護保険を「社会保険方式で運用するメリット」として…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「挙げられています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護福祉士国家試験においても出題される可能性があるために、しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容である「●介護保険と社会保険方式導入の意義とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護保険と社会保険方式導入の意義とは?

 

 

 

○社会保険方式導入のメリット

  • ・安定的なサービスを供給できる→財源を保険料として確保できる
  • ・受益者が多い→介護を必要とする状態にある人に平等にサービスを提供できる
  • ・権利としてサービスを給付できる→保険料を支払うことで権利としてサービスを受けることができる
  • ・負担と給付との対応関係が理解しやすい→サービス拡大を図ることに対して同意を得やすい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護保険の実施状況とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 

 



●介護保険と社会保険方式導入の意義とは? 関連ページ

●社会福祉基礎構造改革とは?
●社会福祉基礎構造改革の特徴とは?
●介護保険制度の理念とは?
●介護保険制度の概要とは?
●介護保険と介護予防とは?
●法令遵守の重要性とは?
●地域包括ケアシステムの重要性とは?
●介護保険制度の基礎的な理解とは?
●介護保険制度を利用する手順とは?
●介護保険制度のポイントとは?
●介護保険制度の重要事項とは?
●介護保険と保険給付とは?
●介護保険の保険者とは?
●介護保険の被保険者とは?
●被保険者の適用除外とは?
●被保険者の義務とは?
●介護保険の被保険者が40歳以上とされた理由とは?
●介護保険の保険事故とは?
●要介護状態区分とは?
●特定疾病とは?
●保険給付までの流れとは?
●介護保険による要介護認定の流れとは?
●介護保険における一次判定とは?
●介護保険における二次判定とは?
●介護認定の有効期間とは?
●ケアマネジメントの過程とは?
●介護保険施設を利用するには?
●介護給付とは?
●介護給付の内容とは?
●介護給付の内容(居宅サービスとは?)
●福祉用具貸与とは?
●高齢者を取り巻く状況とは?
●要介護高齢者の増加とは?
●なぜ、介護保険制度はつくられたのか?
●介護保険以前の制度の問題点とは?
●老人福祉制度と老人医療の問題点とは?
●介護保険制度が創設された狙いとは?
●介護保険と社会保険方式とは?
●介護保険の実施状況とは?
●介護保険の被保険者数の増加とは?
●介護保険制度の改正とは?
●介護保険制度の改正とは?(2011年改正)

HOME プロフィール お問い合わせ