●特定疾病とは?

●特定疾病とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、「要介護状態の区分とは?」について内容を解説しました。今回は「●特定疾病とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定疾病とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて理解をする為には、なぜ、「特定疾病」という分類がなされたのか?という背景を知る必要があります。特定疾病とは、介護保険の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「第二号被保険者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

についての認定の条件として分類されています。そして、第二号被保険者の要介護状態等が「特定疾病」に原因がある場合に限定されています。つまり、第二号被保険者の場合は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定疾病」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に該当しないと、要介護状態等に「認定されない」仕組みになっています。言い換えれば、第二号被保険者が「介護認定」を受ける場合は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定疾病」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に原因がある場合に限られます。65歳以上の人が対象である第一号被保険者の場合は、「特定疾病」に該当しなくとも介護認定をうけることができます。つまり、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定疾病」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは、40歳から65歳未満の人が対象である第二号被保険者が介護認定を受ける場合の「条件」である、と言えます。厚生労働省は特定疾病の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「選定基準の考え方」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として、特定疾病の選定の基準を示しています。厚生労働省が公表している特定疾病の定義を参照すると以下のように解釈できます。特定疾病とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「心身の病的加齢現象」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

との「医学的関係」があると考えられる疾病である、とされています。そして、以下の条件を満たすものについて総合的に勘案するとされています。それでは、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「厚生労働省が定めている基準」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について以下にまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●特定疾病の選定基準の考え方

 

 

○特定疾病とは

  • ・65歳以上の人に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる
  • ・羅漢率や有病率等について加齢との関係が認められる疾病
  • ※医学的概念を明確に定義できる
  • ・3から6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように特定疾病の基準が示されています。つまり、特定疾病とは65歳以上の人に多く発生しているが、40歳から65歳までの人にもみられる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「疾病」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として定義されています。特定疾病の範囲についても示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●特定疾病の範囲(一部)

  • ・がん(回復の見込みがない状態)
  • ・関節リウマチ
  • ・筋萎縮性側索硬化症
  • ・後縦靭帯骨化症
  • ・骨折を伴う骨粗鬆症
  • ・初老期における認知症など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような疾病が特定疾病として認定されています。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●特定疾病とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●特定疾病とは?

 

 

○基本事項

  • ・特定疾病は第二号被保険者が介護認定を受ける為の条件である
  • ・第二号被保険者が特定疾病に該当すると介護認定を受けることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○特定疾病の基準

  • ・65歳以上の高齢者に多く発生している
  • ・40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる
  • ・羅漢率や有病率等について年齢との関係が認められる
  • ・3から6ヶ月以上継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士国家試験においても出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「保険給付までの流れとは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 

 



●特定疾病とは? 関連ページ

●社会福祉基礎構造改革とは?
●社会福祉基礎構造改革の特徴とは?
●介護保険制度の理念とは?
●介護保険制度の概要とは?
●介護保険と介護予防とは?
●法令遵守の重要性とは?
●地域包括ケアシステムの重要性とは?
●介護保険制度の基礎的な理解とは?
●介護保険制度を利用する手順とは?
●介護保険制度のポイントとは?
●介護保険制度の重要事項とは?
●介護保険と保険給付とは?
●介護保険の保険者とは?
●介護保険の被保険者とは?
●被保険者の適用除外とは?
●被保険者の義務とは?
●介護保険の被保険者が40歳以上とされた理由とは?
●介護保険の保険事故とは?
●要介護状態区分とは?
●保険給付までの流れとは?
●介護保険による要介護認定の流れとは?
●介護保険における一次判定とは?
●介護保険における二次判定とは?
●介護認定の有効期間とは?
●ケアマネジメントの過程とは?
●介護保険施設を利用するには?
●介護給付とは?
●介護給付の内容とは?
●介護給付の内容(居宅サービスとは?)
●福祉用具貸与とは?
●高齢者を取り巻く状況とは?
●要介護高齢者の増加とは?
●なぜ、介護保険制度はつくられたのか?
●介護保険以前の制度の問題点とは?
●老人福祉制度と老人医療の問題点とは?
●介護保険制度が創設された狙いとは?
●介護保険と社会保険方式とは?
●介護保険と社会保険方式導入の意義とは?
●介護保険の実施状況とは?
●介護保険の被保険者数の増加とは?
●介護保険制度の改正とは?
●介護保険制度の改正とは?(2011年改正)

HOME プロフィール お問い合わせ