●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為とは?

●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為とは?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では「身体拘束禁止に向けた動きとは?」について解説をしました。今回は「●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について考える為には「なぜ、身体拘束を行うことは問題があるのか?」ということを理解する必要があります。身体拘束を行うということは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人間の尊厳」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に反する行為であり「基本的人権」を侵害する危険性もあります。人間の尊厳や基本的人権の侵害を放置しておくと、「虐待」に発展する恐れもあります。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「虐待」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行う、ということは利用者の生命を危険に晒すことになります。そして、虐待者も法により罰せられる確率も高くなります。利用者も介護者も双方にとって…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「良くない状況」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に陥ります。このような点からも拘束をしない介護というのは「人権保護の観点」からも重要です。「人間の尊厳」という観点からも、身体拘束を行わないということは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「重要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なことなのです。そして、「QOLの向上」を志向する為にも「身体拘束の禁止」を実践することは大切です。このような理由から介護の質を担保するために、国は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身体拘束の禁止」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に向けて様々な政策を行うようになりました。介護保険法においても「身体拘束の禁止」は重視されています。そして、介護保険での指定基準において…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「禁止の対象となる具体的な行為」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として、どのような行為が身体拘束に該当するのか示されています。厚生労働省の「身体拘束0の手引き」を参照すると、利用者が徘徊しないように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「四肢を」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベットや車椅子、椅子に縛り付ける行為が「身体拘束である」と明記されています。その他には利用者が「転落しないように」ベッドに体幹や四肢を紐等で縛る行為も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身体拘束に該当する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と記載されています。そして、利用者が自力でベッドから降りることができないようにベッドを柵で「囲む」ということも身体拘束に該当します。このように身体拘束とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「利用者の動作を制限する行為」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を身体拘束として定義しています。その他には利用者が点滴や経管栄養を引き抜かないように「ミトン型の手袋」をはめる等の行為も身体拘束に該当します。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「つなぎを着せる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「抑制ベルトをつける」「向精神薬を過剰に服用させる」「部屋に隔離する」等の行為も身体拘束として記載されています。このように、身体拘束の定義には…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「多様な行為」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が含まれています。しっかりと確認をしておきましょう。人間の尊厳や「介護保険」と関連して出題される可能性があります。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為とは?

 

 

 

 

 

○基本事項

  • ・介護保険制度の導入に合わせて国は介護の質を確保する為に身体拘束禁止について乗り出した
  • ・身体拘束を行わないことは「人間の尊厳」「基本的人権の尊重」「QOLの確保」という観点からも重要である
  • ・介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為が定められている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護保険指定基準において禁止の対象となる具体的な行為について

  • ・四肢や体幹を車椅子やベッドに縛り付ける行為
  • ・自分で降りることができないように、ベッドを柵で囲む行為
  • ・点滴、経管栄養を引き抜かないようにミトン型の手袋をはめる行為
  • ・向精神薬を過剰に服用させる行為等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような行為が身体拘束として分類されています。介護保険と関連して出題される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●人間の尊厳と人権擁護とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ