●拘束をしない介護とは?

●拘束をしない介護とは?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では「●身体拘束と認知症とは?」について内容を解説しました。今回は「●拘束をしない介護とは?」について内容を解説していきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「拘束をしない介護」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を実践する為には様々な工夫が必要になります。例えば、認知機能に障碍がある人の場合、自分の居場所を理解することが困難です。自分の居場所を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「認識できない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

為に、自宅にいても「家に帰りたい」という訴えをするようになります。自分の居場所を理解できない状況で他者から「あなたの言っていることは間違っている」「支離滅裂だ」と…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「指摘」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

されることにより、更に混乱が深まります。混乱の度合いが深まるとパニック状態がひどくなります。その結果、周辺症状(問題行動)がひどくなり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「暴言、暴力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等の行為にエスカレートする危険性があります。このように常に誰かに「監視されている」「〇〇をしてはいけない」「勝手に動いてはダメ」と行動を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「制限」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

されるようになると、更に落ち着かなくなります。認知機能の障碍がある人の場合、自分の状況を把握している人もいます。そのような人の場合、上記のような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「常に監視されている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という状況はストレスを余計に蓄積させていきます。そして、「自分は何をやってもダメだ」「情けない」という心理状態に陥らせてしまいます。自分で努力して状況を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「改善しようとしている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者にとっては心理的にも肉体的にも非常につらい状況になります。認知機能に障碍のある利用者の場合、自分の現在の感情を他者に上手に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「伝達することができません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の感情を他者に伝達できない為に、他者に自分のことを理解してもらうことができません。このようなフラストレーションが蓄積される状況で他者から…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〇〇をしてはダメ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と頭ごなしに否定をされてしまうと、「反発」をするのは当然です。そして、介護者と認知症の人の間で感情がこじれると最悪の場合、自室に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「閉じ込めたり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「椅子」に縛り付ける等の状況に陥らせることになります。このような状況に陥る危険性は十分にあります。認知症の人に対する対応を誤ると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身体拘束」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に発展する可能性は十分に考えられます。身体拘束を行わない介護を目指す場合、まずは「認知症とは?」について知ることが必要です。認知症はどのような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「心理状態」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になるのか?どのような対応が有効なのか?ということを勉強する必要があります。そして、相手の状況を理解しなければなりません。そして、相手の状況を理解した上で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相手に寄り添う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護を実践していくことが必要になります。介護者と利用者の間で信頼関係を構築することにより、認知症の人も「穏やかな気持」を取り戻す場合があります。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不安を抱かせなければ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症の人も普通に生活を行えることがあります。重要なことは身体拘束を行わない介護を実践しようと思うと相手を理解して「信頼関係」を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「構築」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

することが必要です。介護福祉士試験においても人間の尊厳と関連して「拘束をしない介護」が出題される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●拘束をしない介護とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●拘束をしない介護とは?

 

 

 

 

 

○基本事項

  • ・認知症の人は身体拘束をうけやすい傾向にある
  • ・認知機能に障害があると自分の状況を理解することが困難になる
  • ・認知症の人は自分の状況が理解できない為に、頭ごなしに否定をされると不穏状態になる場合がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○拘束をしない介護

  • ・拘束をしない介護を実践するためには相手を理解する必要がある
  • ・認知症が原因の場合は認知症の対応について介護者が学ぶことが大切
  • ・信頼関係があることにより、認知症の人は安心して生活をできることもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●身体拘束禁止に向けた動きとは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ