●身体拘束と認知症とは?

●身体拘束と認知症とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では「身体拘束の禁止とは?」について解説をしました。今回は「●身体拘束と認知症とは?」について内容を解説していきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身体拘束と認知症とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて理解をする為には、「どのような状況で身体拘束が発生しやすいのか?」という事を認識する必要があります。身体拘束は明確な…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「虐待行為」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は別として「認知症の人」に対して多く見られる傾向にあります。認知症の人は一般の人と比較をすると認知機能が低下しています。その結果、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中核症状」や「周辺症状」があります。中核症状は「記憶力の低下」等が該当します。周辺症状はBPSDとも言われており「問題行動」とも言われています。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「周辺症状」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

には、「徘徊」等の行為が該当します。つまり、認知症の人に対する身体拘束が発生しやすい原因として「周辺症状」である「徘徊」等の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「行動・心理症状」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に適切に対応できない為に、それらの症状に対処する為に行われるのが「身体拘束」です。例えば、施設に入所している利用者が夕方になり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自宅に帰りたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と「帰宅願望」が見られる場合、「部屋に閉じ込める」「車椅子に固定」する等の行為が「身体拘束」を行う原因の一つになります。自宅で生活をしている利用者であっても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自宅で生活をしているのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家に帰りたい」と訴える利用者もいます。そのような人も家族介護者により「部屋に閉じ込められたり」する場合があります。このようにして身体拘束は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「認知症の人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に対して行われるようになります。そして、いつの間にか、認知症の人に対して身体拘束を行うことが「当たり前」になっていきます。身体拘束を行うということが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護の一つの方法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として日常生活の一部になっていくのです。そして、内部の人間の感覚では自分たちが「身体拘束を行っている」という意識も無くなっていくのです。そして、過剰な…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身体拘束」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行うことは介護を行う側の意識も「麻痺」させることになります。その結果「人間の尊厳」「人権侵害」ということについても無頓着になっていくのです。この様に身体拘束を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「当然のこと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のように思っていると「人間の尊厳」「人権侵害」という更に深刻な問題に発展していきます。このように、身体拘束は様々な危険性を孕んでいます。しかし、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身体拘束の問題」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を更に難しくしているのは利用者を拘束しないと本人にとって「危険な状況」が発生するという場合もあります。このような場合「緊急性」が認められる場合…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一時的」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に身体拘束が必要な場合があります。身体拘束の原則と例外(緊急性)についても理解をしておきましょう。人間の尊厳と関連して介護福祉士試験で出題される可能性があります。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●身体拘束と認知症とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●身体拘束と認知症とは?

 

 

○基本事項

  • ・身体拘束は認知症の人に対して行われやすい
  • ・認知機能が低下していると「中核症状(記憶力の低下等)」「周辺症状(徘徊等)」がおこる
  • ・徘徊に対応するために、介護の一つの方法として「身体拘束」が行われることがある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○身体拘束と人間の尊厳
・身体拘束が常態化すると人間の尊厳や人権を侵害する危険性が有る
・身体拘束が常態化すると勤務している職員の士気の低下につながる可能性がある
・身体拘束を行うことがやむを得ない場合もある。原則と例外(緊急時の場合)について理解をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●拘束をしない介護とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ