●自己決定と人間の尊厳とは?

●自己決定と人間の尊厳とは?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「人間の尊厳と自己決定権とは?」について内容を解説しました。今回は「●自己決定と人間の尊厳とは?」について解説をしていきます。自己決定権について…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をする為には、「本人のニーズ」を理解しなければなりません。本人のニーズを理解することにより、自己決定権を担保することができるのです。例えば施設に入所している利用者が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トイレに行きたいから連れて行って」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と介護職に訴えたとします。この場合、介護職は利用者のトイレ誘導を行わなければなりません。そうしないと利用者の自己決定権を支援することにつながらないからです。しかし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不適切な対応方法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として、介護職は利用者に対して「〇〇さんは今、おむつをはいているから大丈夫ですよ。」と言ってしまうことがあります。このように、介護職が対応している…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「場面」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を見かける場合があります。このような対応方法は本人の「自己決定」を支援しているとは言い難い対応方法になります。なぜなら、排泄行為は本来…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トイレで行う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことが基本だからです。利用者がおむつを着用していても利用者が「尿意」を感じている場合は、トイレ誘導を行うことが基本です。そして、介護職は利用者がトイレで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「排泄」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できるように支援をすることが原則です。その他にも上記の事例からは利用者の排泄介護を把握できていない可能性があります。尿意のある利用者が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おむつを着用」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

している、ということは本来、尿意のある人が「おむつを着用」している可能性があるからです。このように、排泄介助と自己決定権というテーマを考察するだけでも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「適切な排泄介助を行えているのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という視点を持つことが可能になります。そして、その介護施設の職場環境についても把握できます。例えば、施設の人員が極端に不足している為に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「尿意のある人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に対しても、おむつ着用を行わせているのかもしれません。その施設自体が「トイレ誘導」を行える暇がないほど、職員が時間に追われているのかもしれません。このように、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自己決定」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というテーマについて考えるだけでも利用者の尿意や「職場の環境」と言った職員がおかれている状況も把握できるようになります。利用者の自己決定を支援する、ということは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護職がおかれている労働環境」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を把握するための目安にもなるのです。このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自己決定と人間の尊厳とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●自己決定と人間の尊厳とは?

 

 

○基本事項

  • ・利用者の自己決定を支援する為には、「本人のニーズ」を把握する必要がある
  • ・「本人のニーズ」を把握することで自己決定を支援することが可能になる
  • ・利用者の自己決定を理解することで介護職の労働環境も把握できる場合がある

 

 

 

 

 

 

 

 

○自己決定と排泄介助

  • ・尿意のある人に対しておむつ着用を行っている場合がある
  • ・排泄介助は尿意のある人に対してはトイレで行うことが原則である
  • ・尿意のある人がおむつを着用している、という事は適切な排泄介護が行えていない可能性がある
  • ・利用者が「トイレに行きたい」ということを支援することができない程、職場環境が切迫している可能性がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●尊厳を無視した介護とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ