●虚弱化したとき望む居住形態とは?

●虚弱化したとき望む居住形態とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では、「尊厳のある暮らしを支える介護とは?」について内容を解説しました。今回は「●虚弱化したとき望む居住形態とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「内閣府が行った調査」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

によれば60歳以上の人で大半の人が自分が虚弱化しても「住み慣れた住居」で生活をしたい、という結果がでています。虚弱化したときに望む居住形態として…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「現在のまま、自宅に留まりたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という人が約半数を占めています。そして、「改築の上、自宅にとどまりたい」という人と合わせると「全体の過半数」を超えます。つまり、全体の約7割近い人が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「虚弱化」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しても「居住生活の継続」を望んでいます。このように、多くの人が自分の介護が必要とする状態になったとしても「住み慣れた自宅」で生活をしたいという…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「願い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「希望」を持っています。しかし、現在の社会環境では、自分が「要介護状態」「寝たきり状態」「認知症」などの状態になると施設に入所するなどの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「選択肢」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を選んでいます。まだ、施設に入所できる人は幸いかもしれません。中には、「受け入れ拒否」の状態にあり、「行き場のない人」もいます。高齢者の居住問題は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「深刻」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であり、現在、健康であっても高齢の独居の人が「マンション」「アパート」などの賃貸物件を借りようとしても「拒否」されるケースがあります。その理由としては貸主の思惑としては…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「孤独死」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をされたら、次の借り手を見つけにくくなる、「風評被害」が立つ、などを懸念して「貸し渋る」ことが問題となっています。その他には、高齢者の場合…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特殊詐欺」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などの犯罪に巻き込まれる可能性も懸念して更に「契約拒否する」という現実があります。現在の日本では介護を必要とする状態でなくとも高齢者の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「居住問題」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は深刻化しています。そして、日本は今後、高齢者人口が増加するだけでなく「単身者」が増加すると、予測されています。今後の日本では単身の高齢者が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「増加傾向」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にある、ということです。現在、日本が抱えている問題の一つに、今後増加するであろう「単身高齢者」「独居高齢者」の住まいの確保が差し迫った問題としてあります。行政はこのような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「現状」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に対して「サービス付き高齢者住宅」などで対応をしています。このように、今後、少子高齢化社会が加速していく日本では、中高年の住居を確保することが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「国家的な課題」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となっています。そして、要介護、要支援状態の虚弱化した高齢者の住居の確保を考えることも重要です。現在の状況では、自分の希望と現実が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「合致」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しないために、「諦める」高齢者も多くいます。そのような事が無いように「高齢者の住居問題」について早急に取り組んでいく事が今後は重要になります。介護福祉士試験でも生活支援と関連して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「出題」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である「●虚弱化したとき望む居住形態とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●虚弱化したとき望む居住形態とは?

 

 

 

 

 

 

○基本事項

  • ・内閣府が行った調査によれば多くの人が「自宅」での生活を望んでいる
  • ・現実は、虚弱化した高齢者は施設などに入所している
  • ・施設に入所できず、受け入れ拒否等で行き場のない人もいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○高齢者の居住問題

  • ・健康な高齢者であっても貸主が賃貸物件の貸し出しを拒否する事例がある
  • ・「孤独死」などで風評被害が立つことを懸念して独居、単身の高齢者に貸し出しを拒否する
  • ・高齢者の住居問題は深刻な課題として、今後、取り組まなければならない問題である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●高齢者の住居問題とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ