●多職種連携と権利侵害とは?

●多職種連携と権利侵害とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では「潜在的な権利侵害とは?」について内容を解説しました。今回は「●多職種連携と権利侵害とは?」について内容を解説していきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利の侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は無意識的に行われることも多く、権利の侵害を行っている本人が自覚していない場合があります。そして、権利の侵害を行われている利用者も自分が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利の侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を受けていることを認識していない場合も多々あります。介護職は他の職種と連携をすることで、情報を「共有」して権利の侵害を事前に防止することが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「重要な職務」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。介護の現場では多様な職種が連携することにより介護サービスが成立しています。看護師などの医療職や理学療法士などのリハビリ職とも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「多職種」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で連携をすることにより、質の高い介護サービスを提供することができます。そして、権利の侵害を現在受けていたり、受けやすい状況にある利用者や…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族の抑圧」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

された意識を除去することも大切です。そして、「権利の侵害」を行っている、という状況を認識してもらうことが重要になります。もし、権利の侵害を受けている…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「利用者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がいる場合、権利の侵害に対して「立ち向かう」知識と力を獲得する、「エンパワーメント」の視点をもってもらうことも必要です。エンパワーメントとは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「内在する力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を認識することで「外的脅威」「内的脅威」に立ち向かう力を獲得することです。つまり、自分の周囲に発生している「内外の問題」を処理する能力を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「身につけてもらう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことです。このような「エンパワーメント」の視点をもってもらうように支援を行うことは不可欠です。エンパワーメントを獲得することが権利の侵害に対抗する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「力になり」

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「解決法」だからです。しかし、権利侵害の状況に対して介護職だけで対応することは「難しい」こともあります。そのような時は多職種と連携を行うことにより…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利擁護の実践」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を図ることが必要です。介護福祉の分野における権利の侵害に対しては「法律の専門家」「社会福祉士」等と情報を共有して連携を行うことで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「質の高い介護サービス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を提供することが可能になります。そして、介護職は利用者にとって最も身近な「専門職」として利用者に寄り添うことが大切です。介護職は利用者にとって最も身近な存在である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活支援の専門家」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として、自らの職務を果たすことにより、利用者が受けている権利の侵害を防止することができます。そして、将来、発生する可能性がある…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利の侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に対して予防することも可能になります。介護職は利用者の生活支援を通じて、利用者である本人や家族の権利擁護を図ることができます。介護福祉士試験においても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利の侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は頻出事項です。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である「多職種連携と権利侵害とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●多職種連携と権利侵害とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・権利の侵害は潜在的に行われる場合がある
  • ・権利の侵害に対抗する為には利用者本人が「エンパワーメント」を獲得することが大切
  • ・多職種と連携を行うことで権利の侵害についてチームとして対応していく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○多職種連携と権利の侵害

  • ・権利侵害に対して介護職だけで対応することは困難な場合がある
  • ・法律の専門職や社会福祉士などの福祉職と連携することも大切
  • ・介護職は利用者にとって最も身近な生活支援の専門家として権利擁護を図ることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護における尊厳の保持とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 



●多職種連携と権利侵害とは? 関連ページ

●自立支援とはどのような概念か?
●自己決定とは何か?
●自立支援を行う理由とは?
●介護職が目指すべき自立支援とは?
●生活意欲を向上させる為には?
●意欲と行動の関係性とは?
●行動の重要性とは?
●動機づけの重要性とは?
●自立支援と意欲の関係性とは?
●意欲を高めるための支援とは?
●本人の意思を尊重した自立支援とは?
●自立支援とプライバシーの保持とは?
●自立支援と利用者の意思とは?
●利用者の意思を尊重した自立支援とは?
●自分らしい生活とは?
●自分らしい生活とは何か?
●介護の専門性とは?
●介護における権利擁護とは?
●利用者の人権とは?
●利用者の権利とは?
●利用者の最大幸福とは?
●人間らしい生活とは?
●自立生活の実現とは?
●利用者の生活上の変化にどの様に対応するのか?
●日常生活における権利侵害とは?
●社会生活場面における権利侵害とは?
●差別や偏見とは?
●悪質商法と権利侵害とは?
●サービスを利用する際の権利侵害とは?
●権利侵害の背景とは?
●介護者に原因がある権利侵害とは?
●介護を受ける側に原因がある権利侵害とは?
●利用者主体の支援体制とは?
●家族の権利擁護とは?
●潜在的な権利侵害とは?
●介護における尊厳の保持とは?
●介護の態度とマザー・テレサの言葉とは?
●介護における尊厳の保持とは?

HOME プロフィール お問い合わせ