●サービスを利用する際の権利侵害とは?

●サービスを利用する際の権利侵害とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「●悪質商法と権利侵害とは?」について内容を解説しました。今回は「●サービスを利用する際の権利侵害とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サービスを利用する際の権利侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について知ることで利用者の権利の侵害を未然に防止することができます。例えば、利用者が本来使用できるサービスであるのに情報提供が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不十分」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

である為に「利用することができない」ケースがあります。このように、利用者が本来、利用できるサービスを利用できない場合、結果としては…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利の侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に該当します。介護職は利用者が本人にとって有用なサービスを利用できるように「情報提供」を十分に行わなければなりません。制度について…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「十分な情報提供」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が行われないと利用者にとって「有用なサービス」を活用してもらうことができません。結果としては「支援体制が不十分」である為に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「利用できない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という結果になります。相談体制も不十分である場合は利用者である本人は自分にとって「有用なサービス」について存在すら認識していない場合があります。もし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「有用なサービス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を活用できていると「生活の質の向上」が見込める場合があります。そして「生活上の問題」を解決できる場合もあります。そのような機会を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奪ってしまう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということにもなりかねません。このように、利用者にとって有用なサービスを活用できない、ということは「死活問題」になりかねません。生活上の支障を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「回避」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

する為にも、利用者に対する「情報の提供」を万全の体制で行わなければなりません。万全の体制を構築する為には「相談できる」「支援できる」という…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「窓口」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が存在することが必要になります。介護職は利用者にとって最も身近な存在です。介護職が利用者に対して「情報提供」を行うことで利用者は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分が必要としているサービス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を知ることができます。又、利用者が自分にとって「興味のあるサービス」を知りたい場合も介護職は最も身近な「存在」です。利用者が気軽に相談できる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パートナー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としても介護職は有用な存在です。そのためには介護職はただ単に介護業務を行うだけでなく「情報提供」を行うために、最新の福祉や介護に関する制度を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「把握」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しておく必要があります。利用者や家人から「最近、〇〇のサービスについて興味があるのですが…どのような制度ですか?」と聞かれる場合があるかもしれません。そのような時…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「答えること」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ができるように「福祉サービス」について知っておく必要があります。利用者は「サービス・制度」を利用する「アクセス権」を有しています。利用者や家人が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「有用な福祉サービス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にアクセスできるように基礎的な福祉サービスについて知っておきましょう。介護福祉士試験でも福祉サービスについて出題されます。又、介護職が福祉サービスについて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するということは「サービスを利用する際の権利の侵害」を防止することができます。それでは、今回の内容である「●サービスを利用する際の権利の侵害とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●サービスを利用する際の権利の侵害とは?

 

 

 

 

 

 

○基本事項

  • ・利用者が本来利用できるサービスについて情報提供が不十分な場合、権利の侵害につながる恐れがある
  • ・権利の侵害について防止する為には「相談体制」を構築しておく必要がある
  • ・「支援体制」を構築しておくことで「権利の侵害」を防止できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○利用者のアクセス権

  • ・利用者は自分にとって有用なサービスについてアクセスできる権利がある
  • ・利用者は福祉サービスや制度について情報を知る、手段を必要としている
  • ・介護職が利用者の身近な相談役になることで利用者の「アクセス権」を支援できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●権利侵害の背景とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ