●悪質商法と権利侵害とは?

●悪質商法と権利侵害とは?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「差別や偏見とは?」について解説をしました。今回は「●悪質商法と権利侵害とは?」について内容を解説していきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悪質商法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などによる権利侵害は利用者や周囲の人々の重大な権利の侵害を引き起こします。例えば「特殊詐欺」などに代表される悪質商法の被害に遭うと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「預貯金」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などの財産の大半を失う危険性があります。このように、特殊詐欺などの悪質商法は危険です。悪質商法の被害に遭うと若い頃から蓄積してきた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「財産」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を一瞬にして加害者に奪われる場合もあります。もし、財産を奪われてしまうとその後の「人生」に大きな影響を与えてしまうでしょう。老後の人生設計が大幅に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「狂う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かもしれません。あるいは犯罪の被害に遭ってしまい「人間不信」に陥るかもしれません。人間不信に陥ると社会に対して不信感をもつ場合があります。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「社会から距離をおいてしまい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「孤立化」する恐れがあります。社会から孤立化してしまうと「引きこもり」になってしまう場合があります。引きこもりになってしまうと他者とコミュニケーションが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「断絶してしまい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳に対する刺激が無くなり「認知機能」が低下する可能性があります。もし、認知機能が低下してしまうと「認知症」の原因になってしまうかもしれません。いずれにしろ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「犯罪の被害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に遭ってしまった、ということは深刻な精神的ダメージを本人にあたえます。本人だけでなく家族などの周囲の人に対しても犯罪の被害に遭ったということで…

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「家族同士の関係」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

も険悪な雰囲気になってしまうかもしれません。いずれにしろ「悪質商法」などの犯罪は「利用者」や「家族」に対して悪影響を与えてしまいます。このような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利の侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を水際で防止することも介護職の役割です。例えばホームヘルパーで何度も利用者の自宅を訪問している場合、普段出入りしていない業者などに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気づく」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことが可能な立場にあります。そして、本人に確認したところ「悪徳業者」から「羽毛布団セット」を購入させられている、ということが判明する場合があります。その他には…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不要なリフォーム工事」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などの契約を締結させられている場合があります。介護職は、このような悪質商法に対する被害を水際で防止できる立場にあります。悪質商法から利用者を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「保護する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

為には「法律的な保護制度」に関して知っておく必要があります。犯罪防止対策についてもある程度の知識があることが望ましいでしょう。このように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「法律」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「犯罪予防」に関する基本的な知識を習得しておくことは利用者の権利擁護を行うためには有用です。そして、自分自身のキャリアアップにもつながります。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護福祉士試験」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも権利擁護の分野で出題される可能性があります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容である「●悪質商法と権利侵害とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●悪質商法と権利侵害とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・悪質商法は利用者や周囲の人に対して深刻な影響を与える
  • ・特殊詐欺などの被害に遭うと財産を一瞬で奪われる危険性がある
  • ・犯罪の被害に遭ってしまうと精神的なダメージが大きい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護職と犯罪防止

  • ・介護職は利用者と接触頻度が高い為に「悪徳商法」の被害についても気づきやすい
  • ・介護職は法律知識や犯罪対策の基礎知識を知ることで利用者や家族を犯罪の被害から守ることができる
  • ・介護職は権利擁護という観点から法律的な保護制度を知ることが望ましい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●サービスを利用する際の権利侵害とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について内容を解説していきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ