●差別や偏見とは?

●差別や偏見とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「社会生活場面における権利の侵害とは?」について内容を解説しました。今回は「●差別や偏見とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「差別や偏見」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について知ることも介護業務を行っていく場合、重要な知識になります。「社会生活場面における権利侵害」のページでも解説を行ったように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「他者から介助」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を受けている人は社会的に「差別されやすい」傾向にあります。介護職は権利擁護を職務としています。介護職の根底には社会的に弱い立場におかれやすい人の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「権利擁護」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行う、ということが職務としてあります。そして、介護を必要とする人や障碍を有する人は社会から差別されやすいポジションにあります。差別や偏見は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知識の不足」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「無知」から生じます。差別や偏見は他人からだけでなく「家族介護者」等の身近な人からも行われる場合があります。そして、権利を擁護する立場である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護関係者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が「差別」を行うこともあります。このような状況は「知識の不足」「教育の不足」に原因があります。あるいは社会的な慣習や空気によって…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「差別や偏見」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が助長されている場合もあります。いずれにしろ「差別や偏見」は人々の「認識」や「態度」によって行われます。差別や偏見は権利の侵害だけでなく時には…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「社会から抹殺」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したり、「自殺」の原因になる等、深刻な問題を発生させます。差別や偏見は人々の思い込みによる「ステレオタイプ」に原因がある場合もあります。例えば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護サービス」

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

を例にあげて考えてみると「利用者の生活スタイル」を認めない、ということも社会的な差別や偏見に該当する場合があります。例えば介護施設で生活を行っている利用者の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活スタイル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について「施設の規則」を理由に認めない、ということも差別や偏見に該当する場合があります。その他には「利用者の意向」を無視して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護者本位の介護」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を優先することも「差別や偏見」にあたる恐れがあります。なぜなら不当に利用者の「基本的人権」を侵害しているからです。介護職の都合や業務優先で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活支援」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行ってしまう、ことも権利の侵害に該当する恐れがあります。しかし、「差別や偏見」「権利の侵害」に明確な線引はありません。実際は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ケース・バイ・ケース」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になる場合もあります。利用者の安全を保護する為にある程度、「制約」を行う場合が良い場合もあります。いずれにしろ「差別や偏見」を無くす、ということは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「簡単なこと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではありません。人によって「差別や偏見」の認識や定義が異なる場合もあるからです。大事なことは介護職は権利擁護の代弁者として「差別や偏見」について…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「専門的知識」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を有する事が必要です。そして、一般の人に対して法的な根拠を示しつつも「差別や偏見」を解消する、という方向性で業務を行っていく必要があります。介護福祉士試験でも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「差別や偏見」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に関連して「権利擁護」について出題される可能性があります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容である「●差別や偏見とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●差別や偏見とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・差別や偏見は人々の認識や態度により発生する
  • ・差別や偏見は権利の侵害につながる
  • ・介護職は権利の擁護者として差別や偏見に対する専門的知識を習得することが重要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○差別や偏見と権利の侵害
・社会的な制度により差別や偏見が助長される場合がある
・介護サービスの場合「施設の規則」「業務優先」などにより権利の侵害が行われる場合がある
・利用者の生活スタイルを制限することも差別や偏見に該当する恐れがある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも出題される場合があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●悪質商法と権利侵害とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ