●介護の専門性とは?

●介護の専門性とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では「自分らしい生活とは何か?」について解説をしました。今回は「●介護の専門性とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護の専門性とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について突き詰めることは重要です。最近、特に「介護の専門性」について問われています。介護の専門性について「自立支援」をベースに考えると、介護の専門性とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本人の自立生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を促す、ということが介護の特徴であり、「専門性」につながる、と考えることができます。例えば、老齢や疾病、怪我などが原因で現在、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「寝たきり生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を送っている人がいる、と仮定します。医療的なアプローチであれば、そのような人の対応としては、基本的には「絶対安静」というベクトルで治療します。なぜなら、医療の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アプローチ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として、「病状からの回復」ということが前提としてあるからです。例えば、自分が風邪、インフルエンザなどで寝込んでいるとしましょう。そのような人に対して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分でご飯を食べましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無理してでも起きて移動しましょう」「可能な範囲で良いから自分で実行可能な動作を増やしましょう」というアプローチは行いません。なぜなら、対象者は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「病人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。病気や怪我で床に臥せっている人に対して、「自立」を促すのは見当違いです。最悪の場合、病状が悪化して「生命の危機」にすら陥ります。しかし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護の世界」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、寝たきり状態の人や「要介護状態」の人であっても「起床」を促します。ベッドから「車椅子」に移乗を行います。可能な範囲で自力で行えることは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分で」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってもらいます。このように、介護と医療とは世間一般的には似たような「概念」として扱われています。病院等では、介護福祉士等が看護補助者として…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「雇用」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

されている場合があります。しかし、本来は「介護」と「医療」とは正反対の「概念」といってよいでしょう。「医療」のベクトルでは「絶対安静」という方向性で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アプローチ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

します。一方で介護の領域では「自立支援」というベクトルでアプローチします。高熱や下痢嘔吐で苦しんでいる人に対しては「絶対安静」が有効です。しかし介護の領域では…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「絶対安静」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という概念よりも「自立支援」という概念が優先されます。勿論、利用者である本人がインフルエンザ等で「病気」の状態にある場合は絶対安静です。これは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「通常の病人に対する対応」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と変わりません。しかし、認知症や高齢により心身機能が弱った人に対して「絶対安静」というベクトルでアプローチをすると、心身機能の低下が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「顕著」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に起こります。寝かせきり状態では「褥瘡」「排泄能力」「歩行動作」「日常生活動作」等、「日常生活」を送る心身機能が瞬く間に低下します。このような理由から介護の領域では…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立支援」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というベクトルで支援を行います。このように、介護と医療は世間一般的には同じ概念として考えられています。介護は医療の補助的なアプローチとして扱われていますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本来は正反対のベクトル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で機能しています。それが「自立支援」というアプローチになります。介護の専門性も介護福祉試験に出題される可能性があります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である「●介護の専門性とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護の専門性とは?

 

 

 

 

○基本事項

  • ・介護の専門性は自立支援にある
  • ・介護と医療は正反対のベクトルで支援を行っている
  • ・医療のアプローチの基本は「絶対安静」である
  • ・介護のアプローチの基本は「自立支援」である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護と医療の違い

  • ・インフルエンザや嘔吐下痢で苦しんでいる人には「絶対安静」が有効である
  • ・高齢や認知症、症状が固定している人にとっては「自立支援」が有効である
  • ・医療の領域は急性期、介護の領域は慢性期、という様に分類できる
  • ※寝たきり状態の人に対して「絶対安静」を行うと「褥瘡」「排泄機能低下」「歩行機能低下」「ADLの低下」など弊害が目立つようになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題される可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護における権利擁護とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 



●介護の専門性とは? 関連ページ

●自立支援とはどのような概念か?
●自己決定とは何か?
●自立支援を行う理由とは?
●介護職が目指すべき自立支援とは?
●生活意欲を向上させる為には?
●意欲と行動の関係性とは?
●行動の重要性とは?
●動機づけの重要性とは?
●自立支援と意欲の関係性とは?
●意欲を高めるための支援とは?
●本人の意思を尊重した自立支援とは?
●自立支援とプライバシーの保持とは?
●自立支援と利用者の意思とは?
●利用者の意思を尊重した自立支援とは?
●自分らしい生活とは?
●自分らしい生活とは何か?
●介護における権利擁護とは?
●利用者の人権とは?
●利用者の権利とは?
●利用者の最大幸福とは?
●人間らしい生活とは?
●自立生活の実現とは?
●利用者の生活上の変化にどの様に対応するのか?
●日常生活における権利侵害とは?
●社会生活場面における権利侵害とは?
●差別や偏見とは?
●悪質商法と権利侵害とは?
●サービスを利用する際の権利侵害とは?
●権利侵害の背景とは?
●介護者に原因がある権利侵害とは?
●介護を受ける側に原因がある権利侵害とは?
●利用者主体の支援体制とは?
●家族の権利擁護とは?
●潜在的な権利侵害とは?
●多職種連携と権利侵害とは?
●介護における尊厳の保持とは?
●介護の態度とマザー・テレサの言葉とは?
●介護における尊厳の保持とは?

HOME プロフィール お問い合わせ