●自立支援と利用者の意思とは?

●自立支援と利用者の意思とは?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

 

前回では、自立支援とプライバシーの保持について解説をしました。今回は「●自立支援と利用者の意思とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立支援を行う場合」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者の意思を確認することが大切になります。例えば「転倒」をきっかけに介助が必要になった利用者のことを考えてみましょう。その利用者は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「寝たきり状態」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になったとしても「自分のこと」は自分で実践したい、と考えています。そして「排泄」や「清拭」についても自分で行いたい、と考えています。そのような要望を満たす為には…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本人の意志」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をしっかりと確認をすることが大切になります。そのことが「利用者の意思」を尊重した「自立支援」を実践できます。そして、利用者の意思である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「排泄は自分で行いたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「清拭を自分で行いたい」「調理を自分でしたい」という「自由意志」を実現することができるのです。介護を行う目標として利用者である本人が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分らしく生きる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということを支援することが重要事項として挙げることができます。もし、本人の意志を無視した支援を行った、としてもそれは、「自立支援」の概念を欠いた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護者本位」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の支援に陥ってしまう危険性があります。このような状況を避ける為には「利用者の自由意志」を尊重した支援を行うことが重要になります。利用者の自由意志を尊重した…

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「自立支援」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、「ケアプラン」の原案は利用者である本人の「意向」を取り入れたプランでなければなりません。利用者の「意向」を取り入れたケアプランを作成する為には…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護職員」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の協力が必要です。例えば「サービス担当者会議」では、ケアマネジャーがケアプランを作成する為の情報を収集します。其の時に介護の担当者も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「情報提供」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行うことにより、ケアプランを作成することに協力をすることが必要です。このように、利用者の意思を取り入れた自立支援を行うためには…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護職員」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の協力が不可欠なのです。したがって、介護福祉士の試験においても「自立支援の目的」を問われることがあります。しっかりと理解をしておきましょう。尚、利用者である本人の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「意思を取り入れたケアプラン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では今後の支援の方向性が定められます。そして、今後の介護支援の方向性として例え「寝たきり状態の人」であったとしてもそのまま、ベッドで寝かせきりにしておくのでなくて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本人の動ける範囲」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で体を動かす、という支援の方向性が明らかになる場合があります。このように、自立支援を行う場合「利用者の意思」を尊重した支援を行う場合は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本人の意志」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が重要である、ということを認識しておきましょう。それでは、今回の内容である「●自立支援と利用者の意思とは?」について内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●自立支援と利用者の意思とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・自立支援を行う場合、本人の意志が重要である
  • ・本人が寝たきり状態であったとしても意思を尊重することが大切である
  • ・利用者の意思を尊重することで本来的な意味での「自立支援」を行うことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○ケアプラン作成と利用者の自立支援

  • ・本人の「望む生活」を実現する為には「本人の意志」を尊重したケアプランの作成が不可欠である
  • ・ケアプランの作成を行う為には「サービス担当者会議」などで介護の責任者等が情報を提供することが大切である
  • ・利用者の介護の方針を策定する場合も指針として「利用者の意志の尊重」が重要である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題される可能性があります。実務でも重要になります。それでは 次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●利用者の意思を尊重した自立支援とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ