●自立支援とプライバシーの保持とは?

●自立支援とプライバシーの保持とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「●本人の意志を尊重した自立支援とは?」について解説をしました。今回は…「●自立支援とプライバシーの保持とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立支援」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行う場合、「プライバシーの保持」について留意をする必要があります。自立支援を行う場合、本人が「他者にみせたくない部分」を他人に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知られたり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人に知られたくないことを「知られたり」する危険性があります。このような行為は「プライバシーの侵害」に該当します。本人の尊厳を損なうことに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「つながります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、その対象が「介護関係者」であっても変わりありません。しかし、現実には他者からの介護支援を必要とする人の場合は個人情報保護の配慮や…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「プライバシーの保護」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけでは、「自立支援」を行えない場合があります。例えば、排泄介助の場合では「排泄行為」という人に見せたくない行為について介護者が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介助」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行う必要があります。入浴介助を行う場合も「裸体」を介護者にさらけ出さなければなりません。食事介助を行う場合も、食事という基礎的な欲求を満たす行為を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に見せなければなりません。つまり、「排泄行為」「入浴」「食事」という極めてプライベートな領域に対して「介護職」は踏み込んでいかなければならない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「状況」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に遭遇することがあります。このような難しい状況で支援を行うためには利用者と介護者の間で「信頼関係」が構築されていなければなりません。信頼関係が…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「構築」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

されていると「排泄行為」「食事」「入浴」という極めてプライベートな領域に踏み込んでも「拒否」される可能性が減ります。しかし、利用者と介護職の間で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「信頼関係が構築できていないと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「拒否」されたり「反発」を招く恐れがあります。このような矛盾した関係性で介護を行う為には「信頼関係の構築」が重要になります。そして、自立支援を行うときには利用者にとっては…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分自身が他人の存在」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

である、ということを自覚しなければなりません。介護という行為は「本来」は他者に踏み込まれたくない領域である「排泄」「入浴」「食事」とぃう極めてプライベートな領域に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介入していく行為」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。そして、介護者は利用者が本来であれば「見せたくない領域」に対して「踏み込んでいる」という自覚を有しながら支援を行うことが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大切」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。自立支援とプライバシーの保持は難しい問題です。しかし難しい領域だからこそ「介護福祉士試験」でも出題される可能性があります。実務でも重要になります。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容である…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●自立支援とプライバシーの保持とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●自立支援とプライバシーの保持とは?

 

 

 

 

 

 

○基本事項

  • ・自分が見せたくない行為を侵害することはプライバシーの侵害になる恐れがある
  • ・介護職であったとしてもプライバシーの保護には注意をする必要がある
  • ・介護を必要とする人の中には必然的に極めてプライベートな領域に踏み込んでいく事が必要な場合がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護とプライバシー

  • ・介護という行為は極めてプライベートな領域に介入していく行為である
  • ・排泄、食事、入浴といったセンシティブな領域に介入をしていく必要がある
  • ・繊細な領域に介入していく為には利用者と介護職の間で信頼関係が必要である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも問われる可能性があります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●自立支援と利用者の意思とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 




HOME プロフィール お問い合わせ