●自立と依存とは?

●自立と依存とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、「●自立とQOLとは?」について解説をしました。今回は「●自立と依存とは?」について解説をしていきます。前回でも解説をしたように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立支援とQOL」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は密接な関係にあります。自立支援を行うことで「QOL」(生活の質の向上)が可能になるからです。つまり、自立支援を行う目的として…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活の質の向上」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を目指す、という意味合いがあります。今回は「自立と依存」というテーマで解説をしていきます。介護に携わる人間として重要なことは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立か?依存か?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という極論に走らない、ということです。介護支援において「自立支援」は重要です。しかし、だからといって「依存関係」をマイナスに捉えることは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「極論」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。なぜなら、人間は相互に「依存」することで密接な関係性を築いているからです。そして、社会の最小構成単位である家族は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「依存し合いながら」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共に生活を築いています。相互に「依存関係」にあることが「生活の原動力」になることがあります。つまり、お互いが依存することが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生きる活力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になっているのです。人間は一人では生きていけません。必ず誰かと一緒に共同で生活を行っています。介護の場合も同様です。介護が必要になったとしても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相互に依存」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

することは必要です。依存には「積極的依存」と「消極的依存」があります。介護が必要な人は「積極的依存」と「消極的依存」を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「行ったり戻ったり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しています。大事な事は依存的であることを「否定」することではありません。例えば多くの生活場面に介助が必要であるから自立が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「できていない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のではありません。介護の環境を改善すれば「多様な選択肢」から行動を自ら決定することができます。そして、介護関係を改善することで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「多くの選択肢」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

から自分の意志を決定することができます。そして、身体機能が原因で介助が更に多く「必要」になったとしても「機能訓練」を行うことで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気持ちを切り替える」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことが可能になるかもしれません。身体機能が回復することで「積極的自立」へと意識が変化する場合があります。このように、依存を否定的に捉えることを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やめる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことで「消極的自立」から「積極的自立」へと本人の気持ちが変化をすることがあります。大事なことは「依存」することを絶対的に否定することではなくて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護支援の方法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として肯定することが重要です。このように依存を肯定的に捉えることで「生活の質」の向上も目指せます。このようなことも理解をしておきましょう。…

 

 

 

 

 

 

 

「介護福祉士試験」

 

 

 

 

 

 

 

で出題される場合があります。実務でも重要になります。それでは、今回の内容である「●自立と依存とは?」について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●自立と依存とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・自立か?依存か?の極論に走らない
  • ・依存関係を否定的に捉えない
  • ・依存関係にあることが「生きる原動力」になる場合もある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○自立と依存

  • ・依存を肯定することで「積極的依存」と「消極的依存」を経験しながら「自立」に向かうことができる
  • ・介護関係や介護環境を改善することで、多様な選択肢から自らの行動を決定できる
  • ・依存を肯定することで本人の気持ちが変化をする場合がある
  • ※機能訓練を行うこと等に積極的になる場合がある
  • ※消極的依存から積極的依存へと気持ちが変化をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護における自立とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ