●日本国憲法と福祉とは?

●日本国憲法と福祉とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「●日本国憲法と人権とは?」について解説をしました。今回は「●日本国憲法と福祉とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「福祉と憲法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は密接な関係にあります。その理由として福祉の目的とは「人間の尊厳」を擁護することにあるからです。日本において、人間の尊厳について諸規定の中心となるのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本国憲法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。つまり、社会福祉の原理は憲法に明記されている「人権条項」から導かれます。そして、社会福祉の政策を実行していく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「根拠」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。つまり、以下のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●憲法と福祉

  • @憲法(人間の尊厳)→
  • A社会福祉の原理(人権条項)→
  • B福祉の政策(介護の方針など)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、社会福祉や介護の基本は「憲法」から導かれます。従って、福祉について理解をするためには、「憲法」について理解をする必要があります。憲法と福祉の関係においても特に重要なのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「憲法第13条」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。憲法第13条前段には「個人の尊重」の重要性について明記されています。個人の尊重とは「個人の尊厳」を意味しています。そして、個人の尊重とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人権の基礎」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になるものです。個人が尊重されるということは、「一人ひとり」が「最高の価値」を有しているという意味になります。つまり、個人の尊重という概念があるからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全体の都合」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

により個人の権利が「不当に侵害」されることがありません。例えば、「個人の尊重」という概念が無いと「全体主義(ファシズム)」のように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全体の利益」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の為に、個人の権利が不当に侵害される危険性があります。しかし、「個人の尊重」が国家の最高法規である「憲法で保障」されていることにより個人の権利が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不当に侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

されることはありません。もし、「個人の権利が不当侵害」されるようなことがあると迅速に「人権の回復」が行われます。そして、人権侵害の原因となる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「環境の改善」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行います。このようにして「個人の尊厳」が保障されているからこそ、「権利の侵害」を防ぐことができます。実際には「高齢者虐待防止法」のように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「立法化」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

されています。高齢者虐待防止法では「高齢者の虐待を防止」することにより「高齢者の尊厳の保持」を確保することを目的としています。そして、高齢者を虐待している…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「養護者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を支援することも視野にいれています。なぜなら、虐待の理由として「養護者」も「介護の重圧」により追い込まれている場合があるからです。そして、そのような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「養護者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を支援することも「個人の尊厳」につながるからです。このように、「個人の尊厳の保持」とは「高齢者虐待防止法」のように立法化されています。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「高齢者本人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と「養護者」の権利を擁護しているのです。このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも重要になります。実務においても大切な知識になります。それでは、今回の内容である「●日本国憲法と福祉とは?」についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●日本国憲法と福祉とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・社会福祉の根拠となるのは「日本国憲法」である
  • ・日本国憲法には「人間の尊厳」に関する規定が明記されている
  • @日本国憲法(人権条項)→A社会福祉(権利擁護)→B介護(方針)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○憲法第13条と個人の尊重

  • ・個人が尊重されるということは、一人ひとりが「最高の価値」を有しているということである
  • ・個人が「最高の価値」を有しているから「全体の都合」により権利が侵害されない
  • ・個人の価値>全体の利益
  • ・もし、全体の利益>個人の価値であるならば、不当に権利が侵害される危険性がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○憲法第13条(個人の尊厳)の具現化

  • ・個人の尊厳は「高齢者虐待防止法」等により立法化されている
  • ・個人の尊厳が保障されているから、「高齢者」「養護者」の個人の尊厳も保持される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも重要になります。実務でも大切な知識です。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●健康で文化的な生活とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ