●人権思想の源流とは?

●人権思想の源流とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、「人権思想と憲法とは?」について解説をしました。今回は「●人権思想の源流とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人権思想の源流」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を辿ると「ヨーロッパ」にたどり着きます。ヨーロッパは人権思想発祥の地です。中世の時代にあっては「宗教教義」こそが大衆の生活の価値基準であり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人生の基準」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になっていました。つまり、中世までのヨーロッパでは「教会権力」こそが絶対的でした。そして、ローマ教皇の権力が王権をも超える権威として…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「君臨」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

していました。しかし、その後、強大すぎる「教会権力」に対する反発がありました。このような反発が原因として「ルネッサンス運動」がイタリアを中心に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヨーロッパ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域で展開されていきました。ルネッサンスとは「教会権力」に対する一種の反動とも言えます。そして、ルネッサンス運動により教会中心、神中心の価値観から…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人間中心の価値観」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へと転換されていきました。そして、このような「思想革命」は巨大なムーブメントとして「市民全体」の「意識の変化」が生じました。その結果、人々の意識の変化…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「新時代」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の幕開けとなりました。人々は「神中心の価値観」から「人間中心の価値観」へと考え方が大きく変化をしました。このように「神から人間」という考え方が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人間」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に対する価値観である「人権重視」の価値観へと改革されていきました。つまり、人権という考え方の根源を突き詰めると「神中心の思想」から…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人間中心の思想」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というヨーロッパルネッサンス運動が根底にあります。そして、このような人権思想は「ヒューマニズム」として現代でも大きな影響を人々に与えています。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特筆すべき」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は「人権思想」は「神という絶対権力」を否定した点にあります。このように「絶対権力」に対する疑念はやがて「世俗の権力」である「王権」も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「転覆」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

させる結果になりました。その結果、フランスでは革命が起こり「世俗権力」である「王権」が倒されました。そして、制定されたのが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「憲法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。憲法とは「絶対権力」による「国民に対する弾圧」を防止する安全装置です。憲法の性質として「権力者」が「国民に対して」…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人権侵害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を行わないように「国民の同意」として制定された概念です。国民は憲法を根拠にして権力者に対して「対抗」をすることができるのです。このように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人権思想の源流」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を辿ると「人権と憲法」の関係性も理解できます。そして、「憲法と社会福祉」の関係性も理解できます。社会福祉とは弱者救済であり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「国民の安全保障」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という目的があるからです。介護職は主に「高齢者」「障碍者」という社会的に立場が弱くなる傾向にある人を支援する立場にあります。その根拠が人権思想を根拠に制定された…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「憲法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にあるのです。このような事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも重要になります。勿論、実務でも重要になります。それでは、今回の内容である「●人権思想の源流とは?」について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●人権思想の源流とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・人権発祥の地はヨーロッパである
  • ・中世ヨーロッパでは教会権力が絶対的だった
  • ・宗教裁判をきっかけに教会権力に対して批判が高まってきていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○人権とルネッサンス

  • ・教会権力に対する反動としてルネッサンス運動が巻き起こった
  • ・ルネッサンス運動により「神」から「人」に価値観が改革された→「教会」から「人間」に
  • ・ルネッサンス運動により「絶対権力」が否定された→「世俗権力」である「王権」にも疑惑が生じるようになった
  • ・フランスでは「革命」が起こり「王権」が倒された→「王権」から「人間中心」思想へ
  • ・人間中心思想は「人権思想」につながっていった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○人権と憲法

  • ・人間中心主義は「絶対権力」による「弾圧」を否定した
  • ・横暴な権力者から国民を守る必要がでてきた
  • ・権力者を縛る安全装置として「憲法」が制定された
  • ・「国民」は憲法の人権条項により「権力者」に対抗することができるようになった
  • ・憲法とは「権力者」から国民を守る「安全装置」である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○福祉と憲法

  • ・福祉とは弱者救済を目的とする
  • ・福祉の根拠は憲法の人権条項にある
  • ・社会福祉は憲法の人権条項を根拠にしている
  • ・介護職は「憲法」の「人権条項」を根拠にしている職業である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項も確認をしておきましょう。介護福祉士試験でも重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●人権宣言と社会変化とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ