●理念をどのように共有するのか?

●理念をどのように共有するのか?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では「介護の理念とは?」について解説をしました。今回は「●理念をどのように共有するのか?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理念とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回でも解説をしたように、誰しもが納得できる概念です。誰もが納得できる「思想」とも解釈できます。理念とは社会や組織をまとめるためには…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「重要な概念」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。介護の仕事においても理念を共有することは大切です。例えば、医療においては「ヒポクラテスの誓い」のように、理念を文書化して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全体で共有」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をしています。このことが高度な倫理体系を形成しています。そのことが世間の医療に対する高い信頼感につながっています。一方で福祉や介護の世界の場合…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒポクラテスの誓い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のような明白な理念がありません。もし、存在していたとしても「ヒポクラテスの誓い」のように世間一般には周知されていません。つまり、医療職の場合…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒポクラテスの誓い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という共通の理念を共有していますが、福祉介護職の場合は、ヒポクラテスの誓いのような「理念の共有」が弱い、傾向にあります。理念が共有できていないと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どのような方向性」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で仕事を行うのか、ということが曖昧になります。そして、介護という仕事に対する指針が無いために、不安な気持ちになります。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本当に現在の仕事で良いのだろうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という疑念をいだきながら、業務を行うことになります。このような「自信の無さ」は世間の人にも利用者にも「見抜かれて」しまいます。このことが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「世間一般の人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の介護に対する評価になります。このことからも「理念を共有する」ということが非常に重要である、ということが理解できます。しかし、理念を共有することは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「非常に困難」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な作業です。なぜなら、理念とは「理想」であり、「綺麗事」のようにうつるからです。特に実際に現場で業務を行っている職員からは理念など殆ど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「興味が無い場合」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が多い傾向にあります。「仕事が早く終われば良い」「お金が欲しい」「休日が待ち遠しい」このように、実際に現場で働き、厳しい現実と向き有う職員に対して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「綺麗事の理念」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を受け入れてもらうことは並大抵ではありません。しかし、全体で「理念」を共有しているのと、いないのとでは「虐待」「離職」などの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「問題」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が発生しても体系的に軌道修正を行うことができます。そして「問題発生」の予防策にもなります。このように、「理念」を共有することの大切さを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「認識」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しておいてください。それでは、次回は「理念」について深く掘り下げていきます。尚、介護の理念についても介護福祉士試験で出題される場合があります。しっかりと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をしておいてだくさい。勿論、実務でも重要になります。それでは、今回の内容である「●理念をどのように共有するのか?」についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●理念をどのように共有するのか?

 

 

 

○基本事項

  • ・理念とは誰しもが納得できる思想である
  • ・理念を共有することで強固な組織をつくることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○代表的な理念

  • ・医療職の場合、「ヒポクラテスの誓い」が有名である
  • ※映画の題名にもなっている
  • ・ヒポクラテスの誓いのような高度な理念体系は高度な倫理観を形成する
  • ・高度な倫理体系は世間の信頼を得やすい
  • ・世間の信頼を得ると社会的な価値も高くなる
  • ・社会的な価値が高くなると経済的にも豊かになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護の理念

  • ・介護職の場合「ヒポクラテスの誓い」のような高度な理念が弱い傾向にある
  • ・「ヒポクラテスの誓い」のような高度な理念が存在しても世間一般には浸透していない
  • ・介護職の場合、「ヒポクラテスの誓い」のような理念が共有されていない、傾向にある
  • ・理念が共有されていないと、業務の方向性が定まらない
  • ・業務の方向性が定まらないと、「どの様に仕事を行えばよいのだろうか?」と不安になる
  • ・不安な感情は「自信の無さ」につながる。
  • ・自信の無さは世間一般にも見抜かれてしまい、低評価につながる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○理念を共有する難しさ

  • ・理念は「綺麗事」に見える場合がある
  • 「綺麗事の理念」は・厳しい現実に向き合っている職員に「見向きもされない」場合がある
  • ・理念を共有することができると「全体の方針」を職員間で共有することができる
  • ・理念を共有することができると「虐待」「離職」「人間関係のトラブル」なども回避できる場合がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。尚、今回の内容は実務においても重要になります。それでは、次回も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●理念の共有を行うためには?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ