●尊厳死の宣言書とは?

●尊厳死の宣言書とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、延命治療とは?について解説をしました。今回は「●尊厳死の宣言書とは?」について解説をしていきます。前回でも解説をしたように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を実践する場合は危機管理を行う、という意識で行うとよいでしょう。そして、危機管理を行うことによって「危険因子の回避」を行うことが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「可能」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。危険因子を回避することにより、精神的な安定を得ることができます。精神的な安定を得ることによって、QOLの向上を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「図る」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことが可能になります。QOLの向上は自立支援につながります。このように、好循環を構築することが介護予防の目的です。好循環を構築することは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「危険因子の回避」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にもつながります。危険因子を回避する為には最悪の状況について健康な時から考えておく必要があります。つまり、「尊厳死の宣言書」などを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「作成」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

することにより、自分の意志を表示しておく必要があります。尊厳死の宣言書(リビング・ウィルとも言います)を作成しておくことにより…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「延命治療」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

についての自分の希望を家族や専門職に伝達をすることができます。もし、尊厳死の宣言書を作成しないでいると「延命治療を拒否」したくとも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族の希望」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

により延命治療が行われるケースがあるからです。家族の心情としては「一日でも長く」元気で過ごしてほしい、という気持ちがあります。このような事情があるから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「延命治療」

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

を本人が拒否していても終末期に「延命治療」が実施される場合があります。もし、尊厳死の宣言書を作成していないと延命治療の有無などのように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の希望」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と反する結果になるかもしれません。人生の最後という重要な場面で自分の希望に反する処置をされることは、「苦痛」を伴います。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「苦痛」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を伴うだけでなく「絶望」「虚無」にもつながります。このような危機的な状況を回避するためにも「健康な状態」のときから介護予防の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一環」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

として尊厳死の宣言書を作成しておきましょう。そして、リビング・ウィルを示すことで「家族」「専門職」に自分の終末期の意思を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「表示」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しておきましょう。このように、最悪の状況を想定することで「危機的な状況」を回避することが可能になります。そして、終末期の希望について…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「書面」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にして残しておくことで「緊急時の対応」も家族や専門職と共有をすることができます。緊急時の対応を行うことも「危険因子の回避」につながります。介護予防を実践する場合は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最悪の状況」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を想定しておきましょう。そして、最悪の状況を想定しておくことで「危機的な状況」を避けることができます。危機的な状況を避けることは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなはずではなかった…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という後悔も回避することができます。介護予防を実践する場合、このような事項も確認をしておきましょう。それでは、尊厳死の宣言書とは?についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●尊厳死の宣言書とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・尊厳死の宣言書を作成することで、自分の希望を家族や専門職に示すことができる
  • ・もし、尊厳死の宣言書を作成していないと自分の希望に反する処置を行われる危険性がある
  • ・尊厳死の宣言書を作成することで延命治療の有無についても意思を表示できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○尊厳死の宣言書と危機回避

  • ・尊厳死の宣言書を作成しておくことで自分の意志を表示できる
  • ・尊厳死の宣言書を作成しておかないと、家族などが延命治療を希望してしまう可能性がある
  • ・自分の意志に反して延命治療を実施されることは、予想外の苦痛につながる
  • ・自分が望んでいない苦痛を回避するためにも、健康な時から尊厳死の宣言書を作成しておく
  • ・介護予防を実践する場合、最悪の状況を想定しておく
  • ・終末期の方針を定めておくことで危機的な状況を回避する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護予防を実践する場合、重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●安楽死と尊厳死の違いとは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 



●尊厳死の宣言書とは? 関連ページ

●介護予防を成功させるには?
●介護予防ノートの作成とは?
●シニア期の悩みとは?
●介護予防ノートの目的とは?
●介護予防ノートに記載する項目とは?
●介護予防ノートと人生の方針とは?
●介護予防ノートの利点とは?
●介護予防ノートと緊急性の高い項目とは?
●介護予防ノートと不安の対処法とは?
●介護予防ノートと心理的安定とは?
●介護予防と医療の希望とは?
●介護予防と終末期の希望とは?
●余命宣告と介護予防とは?
●終末期の心理状態とは?
●延命治療と介護予防とは?
●介護予防と尊厳死とは?
●尊厳死と介護予防とは?
●介護予防と尊厳死宣言集とは?
●介護予防と事前指示書とは?
●延命治療とは?
●安楽死と尊厳死の違いとは?
●終末期医療の事前指示書とは?
●介護予防とPPKとは?
●介護が必要になる原因とは?
●介護予防と介護保険制度とは?
●介護保険とは?
●介護保険制度の対象者とは?
●介護保険サービスの利用料とは?
●介護保険サービスを利用するまでの手順とは?
●介護サービス計画書(ケアプランとは?)
●ケアプランの概要とは?
●要支援、要介護とはどのような概念か?
●要介護状態とは?
●介護保険サービスの種類とは?

HOME プロフィール お問い合わせ