●介護予防を実践する時機とは?

●介護予防を実践する時機とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、がんなどで余命宣告を受けた場合の対処法について解説をしました。今回は「●介護予防を実践する時機とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防を実践する時機」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としては、やはり「健康状態」が良好なときから実践することが望ましいです。なぜなら、心身機能が低下した状態では、介護予防を実践しようとしても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気力、体力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が低下している場合があります。介護予防の目的とはQOLの向上にあります。QOLを向上させることによって、生活の質を改善することができます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活の質」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を改善できると「生活習慣」も改善されます。生活習慣が改善されると「生活習慣病」も予防できます。このように、介護予防を実践して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「QOLを高める」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことが可能になります。そして、生活習慣を改善して、生活習慣病を予防できます。可能であるならば、できるだけ健康で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気力」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力が充実しているときに、介護予防を実践することが望ましいです。もちろん、心身機能が低下した状態で介護予防を実践しても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「問題」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありません。介護予防の思想とは「QOLの向上」にあります。QOLが高まることにより、生活環境を改善することができます。生活の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「管理」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がしっかりと行えると、「心理的な安定」も得られることができます。このように、心理的な安定を得ることも介護予防を実施する効果として…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「挙げる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことができます。しっかりと確認をしておきましょう。そして、介護予防を実践する場合、じっくりと「情報収集」をするようにしましょう。情報源としては…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「インターネット」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「図書館」を活用すると良いでしょう。市役所などの行政も介護予防に関する情報を得られることができます。是非ともこれらの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「情報源」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を活用して自分なりに介護や予防に関する情報を収集していきましょう。そして、得られた情報を根拠にして「考える」ことが大事です。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「収集したデータ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を根拠にして自分が「不安に感じていること」「悩み」などを解決する糸口を探しましょう。現代は情報を収集することが以前と比較をすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「容易」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。しっかりと情報を収集して自分が抱えている悩みや問題に対して「解決策」を模索してみましょう。このように、情報を元にして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分で解決策を考える」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことも脳機能を活性化させるために、介護予防には有効です。そして、得られた「解決策」を元に、将来、発生する可能性がある…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「危険因子」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を回避するようにしましょう。そうすることにより、「QOLの向上」も図ることができます。そして、要介護状態や寝たきり状態なども…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「予防」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できるので自立生活の維持にもつながります。そして、最終的には家族や知人にも自分が得た情報や解決策について情報を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「共有」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しておきましょう。緊急時など「万が一」の自体が発生した場合でも、家族や知人と情報を共有しておくことで、「危機的な状況」を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「回避」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

することができる可能性があります。このように、介護予防を実践する場合、家族や知人とも情報を共有しておくとよいでしょう。それでは介護予防を実践する時機とは?についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護予防を実践する時機について

 

 

○基本事項

  • ・介護予防を実践する時機は「気力」「体力」が充実している時が望ましい
  • ・心身機能が低下している場合でも問題はない
  • ・介護予防を実践することで、QOLの向上を図ることができる
  • ・QOLが向上することにより、心身機能が改善する⇒心理的な安定を得ることもできる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護予防の効果

  • ・QOLの向上
  • ・生活の質が高まる
  • ・生活習慣が改善される
  • ・生活習慣病を予防できる
  • ・脳機能疾患、心疾患、高脂血症など予防できる
  • ・要介護状態、寝たきり状態、認知症などの予防につながる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護予防と情報の収集

  • ・介護予防を実践する場合、情報の収集は大事である
  • ・インターネット、図書館、行政などから情報を得る。
  • ・情報を収集して、悩みや不安について解決する糸口を探る
  • ・情報収集や解決策の模索も心身機能を使うために、介護予防につながる
  • ・家族や知人とも情報を共有しておく⇒緊急時の対応などがスムーズになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護予防を実践する場合、重要な事項です。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護予防を成功させるには?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ