●介護予防を実践する動機とは?

●介護予防を実践する動機とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では介護予防を実践するタイミングとは?について解説をしました。今回は「●介護予防を実践する動機とは?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防を実践する動機」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としては、自分の人生について不安や恐怖を感じたときが考えられます。例えば、人生の節目などが自分の人生について不安や…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「恐怖」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を感じる場合があります。例えば「定年退職」などが不安や恐怖の要因となることがあります。長年、勤め上げてきた会社を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「定年退職」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

する場合、どうしても今後の人生について思いを巡らせる機会が多くなります。人によっては定年退職した後、悠々と生活を楽しもうと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「考える」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人もいます。しかし、多くの場合、自分の老後について少なからず不安や悩みを抱いています。例としては親の「介護」などがあります。親の介護で…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「精神的」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「肉体的」に疲れを感じることがあります。そして、子供の教育費用なども心配の種です。最近は子供のいじめなどの危険因子も…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悩みの原因」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となる場合があります。そして、還暦を迎えた場合なども「人生の節目」として今後の人生について不安に感じる場合があるようです。このような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不安」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や恐怖を解消する手段として「介護予防」を実践することをおすすめします。介護予防を危機管理の一環として実践することで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シニア期の不安」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「問題」を解消できる場合があるからです。シニア期の問題や不安を解消する手段として介護予防は手軽に実践できるために…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最適」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。その他には介護予防を実践する動機としては「余命宣告」や「がんの告知」などを受けた場合も介護予防を実践する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「動機」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。たとえ余命宣告や「がんの告知」を受けたとしても人間の生命力は偉大です。その時から介護予防を実践することで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活管理」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をしっかりと行うことで「充実した人生」を送ることができます。人間の運命として、どのような人もいつかは「最期」がおとずれます。大事なことは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうせ死ぬのだから……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と諦めずに最期の最期まで「QOL」を向上させて「生活の質」を向上させることが重要です。介護予防とは「QOL」」を向上させることを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「目的」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としています。例え余命宣告を受けようとも、がんの告知を受けようとも「人間としての運命」を受け入れるときが「いつか」やってきます。介護予防を実践することで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活管理」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を徹底して行うことで危険因子を減少させることができます。そして、最後の最後まで「QOL」の向上を行い、生活の質を向上させることで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を維持することができます。このように、介護予防を実践することで「諦めずに」最期の最期まで人生を全うすることができます。つまり、介護予防とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ただ単に運動機能の回復」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけでなく、「QOL」の向上を志向する、ということを理解しておきましょう。「QOL」の向上を図ることで、充実した人生を送ることができます。それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「余命宣告」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を受けた人やがんの告知を受けた人にも有意義です。介護予防を実践する場合、しっかりと理解をしておきましょう。それでは、介護予防を実践する動機とは?についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護予防を実践する動機とは?

 

 

 

○基本事項

  • ・介護予防を実践する動機として人生に不安や恐怖を感じた場合などがある
  • ・定年退職や還暦などで今後の人生に強い不安を感じた場合など
  • ・シニア期の不安や悩みを解消する手段として介護予防がある
  • ※介護予防とは「QQLの向上」を志向している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○余命宣告と介護予防

  • ・余命宣告やがんの告知を受けた場合でも介護予防は有用である
  • ・介護予防とは単に運動機能の回復を目指す概念ではない
  • ・介護予防はQOLの向上を志向する
  • ・QOLが向上することにより生活の質が向上する
  • ・生活の質が向上することにより、危険因子が減少する
  • ・生活管理を行うことにより、危険因子を減少させることができる
  • ・QOLが向上することにより、最後の最後まで自立生活を維持できる
  • ・自立生活を維持できることは、不安や恐怖の解消に寄与する
  • ・「QOL」が向上することにより心身の安定が得られる。
  • ・心身の安定は余命宣告を受けた人やがんの告知を受けた人にも良い効果がある
  • ・介護予防は「QOL」の向上を志向するため、生きる「活力」を養うことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護予防を実践する場合、重要な知識になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●なぜ介護予防が必要なのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ