●介護予防を始めるタイミングとは?

●介護予防を始めるタイミングとは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、シニア期を安全に過ごす為には?について解説をしました。今回は「●介護予防を始めるタイミングとは?」について解説をします。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を実践するタイミングは人によって異なります。ただ自分の老後に心配や不安を感じたときは「それ」を解消するために、介護予防を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実践」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

することは有意義です。したがって、介護予防を実践するタイミングとしては、自分や周囲の人の「老後」に「心配」や「不安」を感じたときが介護予防を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実践」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

する絶好のタイミングです。介護予防を実践することにより、心身機能が活性化することは「QOLの向上」につながります。QOLが向上することにより…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に直結します。自立した生活が可能になることにより「寝たきり状態」「転倒」「要介護状態」「認知機能の低下」を予防することができます。これらの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「危険因子」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を回避できると、その他の外的な危険因子である「災害」「犯罪」「経済破綻」なども回避することが可能になります。このように介護予防を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「危機管理」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の一環として捉えることにより、シニア期の不安や心配事を回避することができます。そして、健康管理、病気、要介護状態、災害、犯罪などの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「危険因子」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を減少させることができます。是非とも介護予防を実践して老年期の危険因子を減少させましょう。そして、QOLの向上を図ることにより…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自立生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を維持するようにしましょう。自立生活を維持することが可能になれば、QOLも向上します。そのためには危険因子を減少させることが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大切」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になります。したがって、介護予防を実践する場合、下記のサイクルを意識しましょう。

 

 

 

 

●介護予防のサイクル

  • 1、QOLの向上
  • 2、自立生活
  • 3,危険因子の減少

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1,2,3のサイクルを回転させることで、シニア期の悩みや不安を解決していきましょう。そして、益々、QOL」の向上を図れるように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「好循環」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を維持できるようにしましょう。このように、介護予防を実践するタイミングとしては自分の将来に「不安」「悩み」「問題」を感じたときに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実践」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

をするとよいでしょう。そして、健康状態に関する不安、介護に関する不安を解消しましょう。シニア期の不安は介護や健康だけではありません。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「災害」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「犯罪」「老後破綻」などの問題もあります。このような外的な危険因子を減少させることも大切です。介護予防を実践する場合はシニア期の…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不安」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「心配事」「悩み」「問題」を解決する危機管理を行うつもりで実践をしてみるとよいでしょう。それでは、介護予防を始めるタイミングとは?についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●介護予防を始めるタイミング

 

 

 

○基本事項

  • ・介護予防を始めるタイミングは人により異なる
  • ・介護予防を危機管理の一環として実践する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護予防を実践する動機

  • ・老後の不安を感じている(以下の事項など)
  • ※寝たきり状態に陥る
  • ※要介護状態になってしまう
  • ※転倒など外的な傷害が心配だ
  • ※認知機能の低下が不安だ
  • ※認知機能の低下で車が運転できなくなるのが怖い
  • ※災害の被害に遭いたくない
  • ※犯罪に巻き込まれたくない
  • ▲上記に該当する人は介護予防を実践するとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護予防の効果

  • ・介護予防を実践することにより、シニア期の悩み、不安、心配を解消できる
  • ・シニア期の悩み、不安、心配を解消することにより、QOLが向上する
  • ・QOLが向上することにより、自立生活を維持できる
  • ・危険因子を回避することで、QOLの向上と自立生活の維持を行えることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○介護予防のサイクル

  • 1→QOLの向上(シニア期の不安、悩み、心配を解消)
  • 2→自立生活(要介護状態、寝たきり状態、転倒、認知機能の低下、災害、犯罪、老後破産などの回避)
  • 3→危険因子の回避(2の項目を行うことにより、QOLの向上、自立生活の維持が可能)
  • ※1→2→3のサイクルを回転させて好循環を維持する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護予防を実践する場合、重要な知識になります。それでは、次回は具体的に、「どのようなタイミングで」介護予防を実践するのか?解説をします。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●介護予防を実践する動機とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ