●しきたりなど、家族のルーツを共有するには?

●しきたりなど、家族のルーツを共有するには?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、老後に家族と緊急時の対応について共有するには?について解説をしました。今回は「●しきたりなど、家族のルーツを共有するには?」について解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「しきたり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

など家族間のルーツや先祖から受け継いだ伝統を継承していくことは重要です。高齢者はこのような先祖代々の知識や伝統を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「子孫」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や家族に情報を伝達していく立場にあります。もし、突然、心筋梗塞などの急変時により「最期のとき」がおとずれたらどうでしょうか?…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や「子孫」にとって大事な先祖代々の知識は永久に失われてしまいます。その結果、家族や子孫は自分のルーツを知ることができなかったり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「重要な情報」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が断絶する恐れがあります。このようなことは、遺された家族や子孫にとって大きな損失です。もしかしたら、このような情報の断絶により…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「予想外の不利益」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が引き起こされる危険性があります。そのような状況を防止するためにも、家族や後世の人に自分が有する知識を継承していきましょう。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはシニア期の危機管理です。危機管理とは危険因子を減少させることです。そして、シニア期の不安や恐怖を減少させることが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大切」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。シニア期の不安や恐怖、危機的状況を回避してこそ「心の平安」が得られます。心の平安とは「精神の安定」です。…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「精神の安定」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは「生活の質の向上」です。つまり、QOLの向上を意味します。このように、自分が愛する家族や子孫の不安や恐怖、不利益な事項が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「少なくなる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことは、自らのQOLの向上にもつながります。そして、家族の危機管理にもつながります。家族のQOLの向上にも直結します。このように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を実践する場合、広い視野に立って「介護予防」を実践するようにしましょう。そして、簡易的でも良いので自分で介護予防ノートを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「作成」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとよいでしょう。そして、介護予防ノートに大切な「一族」「家族」の伝統を後世に残すようにしましょう。これらの情報が家族や子孫など…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「遺された者」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にとって大きな財産となる場合があります。そして、そのことにより、危機的な状況を回避することができるかもしれません。例えば…

 

 

 

 

 

 

 

 

「遺伝病」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などの危険因子を軽減させることが可能になるかもしれません。。家系的に「罹りやすい疾患」なども判明するかもしれません。「アルコール依存」「ギャンブル依存」などの…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一族が陥りやすい危険因子」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

も判明するかもしれません。このような危険因子が判明すると家族や子孫は後に発生する可能性がある「危機的な状況」を…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「回避」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

することも可能になります。このような危機管理の視点から「しきたり、家族のルーツ」など後世に伝達をしていきましょう。そして、そのような…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族のコンサルタント」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としての役割はシニアの方しかできません。ぜひ、介護予防を危機管理の一環として行うことで家族の危機管理コンサルタントとして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頼られる存在」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

になりましょう。そのことが自分の役割を再認識することになり、QOLの向上に役立ちます。このような好循環を生み出せるようにしましょう。それでは、「しきたりなど、家族のルーツを共有するには?」についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●しきたりなど、家族のルーツを共有するには?

 

 

 

○基本事項

  • ・シニアの役割として先祖代々の知識を後世に伝達していく、という役割がある
  • ・心筋梗塞や脳卒中などにより、突然、最期の時がおとずれると先祖代々の知識は永久に失われる
  • ・認知症などの認知機能低下によっても知識は失われる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○家族の危機管理

  • ・先祖の知識が失われることで家族に予想外の不利益が生じる危険性がある
  • ・情報の断絶は家族のルーツを失う危機となる
  • ・情報の断絶による危機的な状況は本人のQOLの低下につながる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○情報の伝達とQOLの向上

  • ・家族に先祖の知識を伝達していくことで、危険因子を減少できる場合がある
  • ※遺伝病、生活疾患、アルコール依存などの嗜癖による不利益な事項
  • ・先祖からの情報が効果的に伝達をされると家族の危険因子の減少につながる
  • ・家族の危険因子の減少が可能になると家族の「QOLの向上」を図ることができる
  • ・家族のQOLの向上を図ることが可能になる。
  • ・家族のQOLの向上は自分の生活の質の向上にも寄与する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○家庭の危機管理コンサルタントとしてのシニア

  • ・シニアが後世に知識を伝達することで危険因子を回避できる
  • ・危険因子の回避は危機管理である
  • ・シニアは知識を活用して家族コンサルタントとして危機管理を担う
  • ・介護予防は危機管理である。したがって、介護予防を伝達することにより家族の危機管理を担える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。介護予防を実践する場合、重要な知識になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「●シニア期を安全に過ごす為には?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ