●介護予防と価値観の変化とは?

●介護予防と価値観の変化とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

 

前回では、介護予防と情報格差について解説をしました。今回は「●介護予防と価値観の変化とは?」に付いて解説をしていきます。…

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防」

 

 

 

 

 

 

 

を実践する場合、価値観の変化について認識をしておく必要があります。戦後の日本は生活環境の向上、科学技術の進歩により…

 

 

 

 

 

 

 

「寿命」

 

 

 

 

 

 

 

が長くなりました。そのために、老後から「終末期」までの間が長くなりました。このような、寿命の増進は、老後の過ごし方についても…

 

 

 

 

 

 

 

「価値観」

 

 

 

 

 

 

 

 

を変化させます。例えば、定年退職から終末期までの時間が大幅に伸びると、その間の人生設計が必要になります。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「経済力」

 

 

 

 

 

 

 

も必要になります。健康を崩して寝たきり状態などの「要介護状態」にならないように、注意もする必要があります。そして…

 

 

 

 

 

 

 

 

「認知症」

 

 

 

 

 

 

 

などのリスクも増大します。このように、寿命の増進は良い面もありますが、マイナス面もあります。このように、…

 

 

 

 

 

 

 

「寝たきり状態」

 

 

 

 

 

 

 

や「認知症」「要介護状態」などの危険因子を減少させるためには、「介護予防」という概念が重要になります。このような…

 

 

 

 

 

 

 

「社会構造の変化」

 

 

 

 

 

 

 

は寿命の増進をもたらしました。そして、老後期の危険因子を減少させるために、「介護予防」が重要視されるようになりつつあります。このような…

 

 

 

 

 

 

 

「価値観の変化」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

も介護予防を実践する場合、重要な要素になります。そして、価値観の変化は「生活環境の変化」をもたらすことになりました。…

 

 

 

 

 

 

 

「生活環境の変化」

 

 

 

 

 

 

 

は「昔」や「現在」を比較すると大きく異なります。昔は「地域」や「親類縁者」により様々な出来事を取り仕切っていました。そして、…

 

 

 

 

 

 

 

「必要な行事」

 

 

 

 

 

 

 

なども滞りなく物事が進んでいました。しかし、現代においては、親類縁者や地域との交流が希薄になっています。その結果…

 

 

 

 

 

 

 

「自己責任」

 

 

 

 

 

 

 

が叫ばれるようになりました。つまり、緊急事態などが発生すると全て「自己責任」を問われる状況になりつつあります。このように…

 

 

 

 

 

 

 

「現代社会」

 

 

 

 

 

 

 

は老年期においても「自己責任」が非常に重要視されています。つまり、老年期において、困窮することがあっても…

 

 

 

 

 

 

 

「自己責任」

 

 

 

 

 

 

 

として処理される結果になる場合があります。このように、昔と現代を比較すると「価値観の変化」が大きな影響を及ぼしています。だからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

「介護予防」

 

 

 

 

 

 

 

を実践する必要があります。そして、危険因子を回避するために、「介護予防」を実践して、不安な老年期を…

 

 

 

 

 

 

 

「安心して」

 

 

 

 

 

 

過ごせるようにする必要があるのです。介護予防を実践する場合、重要な知識になります。それでは、介護予防と価値観の変化についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

●介護予防と価値観の変化

 

 

 

○基本事項

  • ・戦後、社会構造が大幅に変化をした
  • ・社会構造の変化だけでなく、生活環境の向上、科学技術の発展も進行した
  • ・生活環境の向上などにより、寿命が長くなった
  • ・寿命が長くなることにより、老後の過ごし方をプランニングする必要性が生じるようになった
  • ※経済力、病気の予防、介護予防など

 

 

 

 

 

 

 

○価値観の変化

  • ・老年期の危険因子として「寝たきり状態」「認知症」「要介護状態」を未然に防止する必要性が高くなった
  • ・戦後社会の特徴として、親戚縁者や地域共同体が希薄になった
  • ・地域共同体の影響が希薄になるにつれて「自己責任マインド」が重視されるようになった
  • ・寝たきり状態、認知症、要介護状態も自己責任を問われる可能性がある
  • ・上記の危険因子を防止するために、介護予防の考え方が大切になった

 

 

 

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。介護予防を実践する場合、重要になります。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

 

 

「●介護予防と寿命の増進とは?」

 

 

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ